人並みの恋をするために。『「最初の男」になりたがる男、「最後の女」になりたがる女』

Pocket

あの人はなぜ振り向いてくれないのか、どうしてすれ違ってしまうのか、分かりますか?自分とは異なる思考回路を持つ異性に、翻弄された経験はありませんか?いつもダメ男、ダメ女に引っかかったりしていませんか?

そんな貴方に、関口 美奈子著『「最初の男」になりたがる男、「最後の女」になりたがる女 夜の世界で学ぶ男と女の新・心理大全』はお勧めです。

この本の著者の関口さんは、19歳で水商売の世界に入り、銀座等のクラブで9年間、ナンバーワンホステスをキープされていた方です。夜のお店で出会った男性、見聞きした男女のエピソード、ホステスさんが実践している男心をつかむ技等、なかなか知ることのできない情報が満載です。

なお、この本でいう「男」と「女」というのは、単純な「性」ではなく、「男性的な考え方や行動」、「女性的な考え方や行動」を指します。この本を以下の3つのポイントでご紹介します。

  • 人並みの恋をするために
  • 男女の恋愛とセックスの本音
  • 男女のコミュニケーションの違い

人並みの恋をするために

1.自分に自信を持ち、「相手目線」の気遣いをする

「背が低い男性は抱けるけど、背が低いコンプレックスまでは抱けない。」これは著者が新人ホステスだったころ、先輩ホステスが何気なく口にした一言なのだそうです。

背が低くてもそれを卑下しない、自分に自信がある男性なら、付き合うのは全く問題ない。一方背が低いことを気に病み、卑屈でコンプレックス丸出しの男性はとても付き合う気になれないという意味です。

人の魅力の本質は、「自信」です。

卑屈オーラを出していれば敬遠されてしまうかもしれません。欠点そのものよりも、その欠点について本人がどう捉えているか、ということの方が何倍も重要です。自信のなさは、恋愛においても人間関係においても悪影響を与えます。

「かなりの気遣いをしているのになぜか選ばれない」という人の気遣いというのは、例えば次のようなことです。

  • 相手が気持ちよく話せるように聞き役に徹する
  • 第一印象を良くするためにも受け答えは無難な範囲で
  • 食事の場ではスプーンやフォークを取ってあげたり、サラダを取り分けてあげる

これらは相手のためのように見えて、実は「自分目線」の気遣いです。これはただ、空気を読んでいるだけ。自分への自信のなさから、相手の顔色を窺って行動しているだけなのです。

気遣いの本質は、相手に喜んでもらうことです。

自分の事ばかり話すのは問題ですが、ニコニコ笑っているだけだったり、当たり障りのない無難なことしか言わなかったら、その人の人となりが分かりません。それでは、長期的な人間関係を築くのは難しいと判断されてしまう可能性が高くなります。

接客のプロであるホステスさんは、接客の際、観察力と想像力をフル回転させるのだそうです。

  • 相手がどうすれば楽しめるのかを観察、想像して気を配る
  • 退屈そうであれば、趣味について話を振ってみる
  • 疲れている様子なら体を気遣ってみる

相手次第で対応を変えます。そして相手から話を振られたら、喋りすぎない程度に自分の情報を相手に自己開示します。これこそが「相手目線」の気遣いです。

どんな気遣いをすれば相手の心が温まるのかを考えてみてください。相手を喜ばせる気遣いが出来ると、恋愛でも選ばれる確率が上がるはずです。そして、相手から信頼され、普段のコミュニケーションもうまくいくようになるはずです。

2.「ありのままの自分でいい」は嘘

ダメなところのある、ありのままの自分を受け入れることは大切です。しかしそれは、ありのままの自分を垂れ流すことではありません。

自分の個性を大切にするのと同じくらい相手の個性を認め、関係がうまくいくように好かれる努力をする、より魅力的に見えるように工夫するということが大切です。

人には、現状維持バイアスというものがあります。現状に問題がなければ、変化というリスクをとる必要がないと、本能的に考えることです。ただ、変化しなければ何も変わりません。

何か変える際、まず手を出しやすいのは外見でしょう。髪型を変える、ダイエットや筋トレでボディメイクをする等。これらは自信にもつながります。周りに与える印象も良くなり、新しい出会いのチャンスも増えていくでしょう。

text
Photo by Thirdman on Pexels.com

男女の恋愛とセックスの本音

1.男は最初の男になりたがる。女は最後の女になりたがる

相手を喜ばせたいとき、男性には「こんなの初めて」、女性には「こんなに好きになったのは君だけだ」と言えば大方正解だと、著者は言います。なぜなら、男性は最初の男に、女性は最後の女になりたいという本音を持っていることが多いからです。

男性は、身長、年収、職業等、分かりやすいスペックで判断されることが多々あります。ただ実際その中でナンバーワンになれるのは、ごく一部です。誰かと比較されて、負ける可能性におびえている男性は少なくないでしょう。それが分かると、男性が若い女性を選ぶ理由も納得できます。それは、女性が若い方が最初の男になれる可能性が高いからです。他の男と比べられるにしても、相手が若ければサンプル数が少ないという安心感があります。

一方女性は、恋愛経験がない男性よりも経験豊富でエスコートしてくれる大人な男性に魅力を感じる人が多いです。そして女性は、こんなに夢中になったのは君だけだというような、相手にとっての特別な存在になりたがる傾向にあります。女性には、妊娠・出産のリスクがあるためです。経験豊富な強い男性に、一途に思われたいという本能があります。

2.男の浮気は副業。女の浮気は転職

男性の場合、セックス=愛情とは限りません。そこには承認欲求や支配欲等も関係していたりするでしょう。浮気相手と家庭とは別物という考え方があります。仮に家庭で妻との セックスに満足していても、それとは関係なく浮気することも多々あるでしょう。週末になると連絡を取りづらくなる、家にあげてもらえない、住んでいるところを教えてもらえない、こういった場合は、その女性は男性から副業扱いされている可能性が高いのではないかと著者は言います。

これに対して女性が二股をかけている場合、最初の彼氏と別れたら、浮気相手とそのまま付き合う又は結婚するというケースが目立ちます。職場を完全に乗り換える転職のように、付き合う相手を変える女性が多いです。女性は、彼氏や夫では精神的に満たされず、不安感が強い時に浮気や不倫に走りがちです。

text on pink background
Photo by Ann H on Pexels.com

男女のコミュニケーションの違い

1.男はナンバーワン、女はオンリーワン

相手に刺さる言葉を理解しておけば、コミュニケーションをとるときに強い武器になります。男性は、分かりやすく褒められるのが大好きです。これは、競争に勝って複数のメスを独占したいという男性の本能です。女性が思う以上に、男性は一番になりたい、認められたいという欲に無意識に突き動かされています。

そのため、誰にでも当てはまるような簡単な褒め言葉でも嬉しくなり、頑張る原動力になるという男性が多いです。男性にはとにかく賞賛の言葉を与えましょう。「貴方が一番」、「最高」、「すごい」。具体的に能力やパーツを他の人と比較してほめてあげることも有効です。一番でありたいというプライドを満足させてあげるよう努めましょう。

一方女性は、優秀な男性一人に選ばれることを目指します。そのため、「君が一番」と言われると、他に2番目、3番目がいるの?と思ってしまいます。オンリーワンの存在になりたいということです。自分でも気づいていない、その女性の魅力を褒めてあげましょう。人にはたいてい二面性があります。相手の印象と真逆のことを言ってあげてください。比較的簡単に、「この人は私を分かってくれている」と思わせることが出来るかもしれません。

例えば明るい女性に、「人気者で友達も多そうだけど、一人の時間も大切にしていそう」と言ってみる。そしたら、「何で分かったの?実は一人で読書するのが何より好きなの」といういいリアクションが返ってくるかもしれません。人は、表に出していない方の自分を本当の自分だと思っているものです。

2.喧嘩をすると男は黙る、女は言い募る

男性が黙り込み、女性が言い募るというパターンの喧嘩は、険悪なムードになりがちです。黙っていても分からないからちゃんと話してほしいという女性と、話し合いを避ける男性。なぜ、こんな風にすれ違ってしまうのでしょうか。

男性は、男性同士の喧嘩であれば自分の正しさを主張して争いに勝とうとします。しかし、喧嘩の相手が好きな女性だと、ブレーキがかかり、耐える、黙るという行動に出るのではないかと筆者はいいます。

男性は、結果を重視する傾向にあります。そのため、怒っている女性と話し合ってもろくな結論が出るわけがない、無駄な話をするよりも、女性の怒りが収まって、冷静に話し合った方が良い、そういった考えから黙り込む可能性もあるでしょう。

一方で女性はプロセス重視の傾向が強いです。自分の気持ちを吐き出して、相手に受け止めてもらいながら感情を整理します。

女性が冷静になり、男性も考えがまとまれば、話し合えます。女性は、自分の悲しい気持ちを冷静に伝えて甘えてあげると、相手からの謝罪の言葉をスムーズに引き出すことが出来るでしょう。男性も、「今すぐいい考えが思い浮かばないから、少し考えさせてほしい」というなど、黙っている理由を説明することで、女性を落ち着かせることが出来ます。

closed up photography of two iphones
Photo by Steve Johnson on Pexels.com

・・・・・・・・

「男女のコミュニケーションの違い」について

つくづく男女は全然違うなと、私も良く思います。だからこそ、丁寧に言葉を重ねて、お互いに理解し合おうと努力を続ける必要があるのですよね。その労力をかけてでも一緒に居たいと思って向き合ってくれる方がいるのであれば、その方は貴重な存在だと思います。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『「最初の男」になりたがる男、「最後の女」になりたがる女 夜の世界で学ぶ男と女の新・心理大全』をご参照ください。

こちらにも男女の差が良くわかる記事があるので、興味があればご覧ください。

☆関連記事

男性のための恋愛マニュアル。うわっつらKINDNESS理論等。

恋愛の3つのタイプ。『異性の心を上手に透視する方法』

ハイスぺ男子に選ばれるには。『なぜ、彼女ばかりがハイスぺ男子に選ばれるのか』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。