中村天風の悟り、宇宙の法則とは。『運命を拓く』

Pocket

運命を拓く (講談社文庫)』の著者である中村天風は、その波乱万丈な人生の中で、独自の瞑想法や引き寄せの法則をまとめ、世に広めた、人生哲学の第一人者ともいわれている伝説の方です。経営の神様である松下幸之助氏、京セラ創業者の稲森和夫氏 、大谷翔平選手、松岡修造氏も、彼の本を「座右の書」としてあげています。この本から、次の4つのポイントでご紹介します。

  • 中村天風の悟り
  • 宇宙の法則とは
  • 常にポジティブになるには
  • 完璧な調和の世界

中村天風の悟り

天風はある時、当時不治の病であるとされていた結核を患います。あらゆる医学、哲学、宗教に救いを求めましたが、解決できませんでした。そんな時、ヨガの聖者に出会います。そして約2年半にわたる瞑想の修行を経て悟りを開き、不治の病を治したと言われています。天風は、この経験から得た知見を「宇宙の法則」として世に広め、多くの人に生きる力を与えた方です。

天風の説く「宇宙の法則」とは、心の状態次第で人生は全て決まるということです。全てとは、行動力も、健康も、幸福も、お金も、社会等も全てです。

また天風には、次のようなエピソードがあります。

ある労働争議の事件で解決を頼まれ、炭鉱に交渉に行った際、労働者から鉄砲で何発も撃たれましたが、天風は、「宇宙の法則に従って正しいことをしているのだから、弾が当たってたまるか」という信念のもと突き進み、ついには見事に交渉をうまくまとめました。弾丸は洋服には何発も命中していたのですが、身体には当たりませんでした。

天風は、たとえ弾丸の中でも、全てはうまくいくという考え、逃げ腰にはなりませんでした。「悟り」を開いた人物は、一切の恐れも一切の不安も無くなります。

天風は、自分は運命の流れに従って進んでいるので、どう転ぼうとうまくいくに決まっているという信念を持っていました。このゆるぎない信念があるので、どんなに困難な状況に見えても突き進むことが出来、目標を達成することが出来るのです。

そして、どんな信念がその人に芽生えるかというのは、普段の思考の積み重ねによります。ポジティブ思考をしたらポジティブな信念が作られ、ネガティブ思考をしたらネガティブな信念が作られます。ですので天風は、「どんな状況でもネガティブにならず、元気溌溂で明るく前向きな気持ちでいるべし」ということを、何度も繰り返し言っています。

24時間ポジティブに生きるというのが、宇宙の法則に従って生きるということです。天風は、宇宙の法則に従って生きていたので、宇宙に守られ、神にも守られていました。

gray and black galaxy wallpaper
Photo by Pixabay on Pexels.com

宇宙の法則とは

宇宙の法則を考えるにあたっては、まず宇宙の根本を考えます。形ある宇宙の前に形のない宇宙があるはずで、それが根本のはずです。そしてその根本にある、最初のエネルギーを生み出すもとが、宇宙を作りました。そのエネルギーを、天風哲学では「宇宙霊」と呼びます。

そして、この「宇宙霊」と呼ばれる万物を創造するエネルギーは、人間にも、意志の力や思考の力として、与えられています。ですので、心の持ち方を良くしたり悪くしたりすることによって、人間の人生は良くも悪くもなります。人生の全ては、心が作っています。日々の生活の、一瞬一瞬の考えた内容や喋った内容が、人生を作っています。

より具体的に言うと、私たちの健康も、人生も、世界の在り方までも、全て心の持ち方次第で決定されるということです。そして、ポジティブでいることこそが、生きていくうえで唯一重要なことであると天風はいいます。 天風は、この悟りによって不治の病と言われた病を完治しました。(また天風は、その後も92歳まで毎日楽しく健康に生きました。)

このような実体験からも、人間の思考は人生の一切を作ると天風は確信しました。これが宇宙の法則であり、今風に言うと「引き寄せの法則」です。

この法則を常に意識し、前向きな心で生活していれば、完璧な調和の元に生きることが出来ます。つまり、全ての良いことを引き寄せられる状態、何でもでき、何にでもなれる状態になります。

何をしている時でも、「思考」と「宇宙の創造エネルギー」が別々に存在しているのではなく、本質的には一つのものであることを忘れてはなりません。思考が持つエネルギーは、一瞬も休むことなく働いています。思考は、常に宇宙に影響を及ぼしています。

photo of deep sky object
Photo by Alex Andrews on Pexels.com

常にポジティブになるには

人間として正しい生き方をするには、いかなる時でも心をポジティブにしなければなりません。生きていく上で、私たちの「ねばならない」はこれだけです。シンプルですね。だから、これだけは完璧に出来なければなりません。明るく前向きに生きる覚悟を決めてしまおうではないか、というのが天風の教えです。では、常にポジティブになるにはどのようにすれば良いでしょうか。

ほとんどの人は自分を「肉体」だと思い込んでいますが、人間の正体は、突き詰めていくと、本当は「霊魂」という「気」であることが分かります。つまり、本当の自分は「肉体」ではなく「霊魂」です。この「霊魂」が、この世界で活動を表現する道具として「肉体」と「心」を使っています。「肉体」は着ぐるみのようなもので、「肉体」を動かしているものは「霊魂」による力です。これをはっきりと自覚するのが、悟りです。

少しでも肉体に不調があるとすぐ心配になるのは、これが分かっていないからです。「霊魂」や「意識」としての自分は、何も変わらず存在しているのに、肉体の方を自分であると勘違いしているから、そのように弱気になってしまうのです。「霊魂」は宇宙とつながっています。ですので本当は、思考の力さえ用いれば、健康も、幸福も、安心も、平和も、全て手に入れることが出来るのです。

現代は、物質的には非常に恵まれた時代です。衣食住には困らないのに、病人が一向に減らないのは、心の置き所を間違っているからです。風邪をひかない人や運が良い人というのは、いつもポジティブな思考をしているから、そうなるのです。

「宇宙の創造のエネルギー」=「宇宙霊」が「思考」にもあるという真実を理解すると、最大限の自己肯定が出来るようになります。自分自身を最高に引き上げた考え方を、心に保てるようになります。

なお、この思考の力を使えるのは、万物の霊長である人間だけです。思考の力を使える人間に生まれてきたことの本当のありがたさを、正しく理解しなければなりません。感謝の念と、畏敬の念を、自分の思考の力にもたなければなりません。また、一瞬でもネガティブなことを考えたり、喋ったりして、そのような世界を創造していないか、注意しなければなりません。ネガティブになることは、周囲の人間に迷惑をかけているだけではなく、宇宙に迷惑をかけています。

思考の力の偉大さを理解すると、どんなに苦しい時でも、自分は力の結晶であり、常に宇宙の力とともにあるという正しい理解で生きていくことが出来ます。この悟りを開くと、何か特別なことをしなくても、いつも元気いっぱい、スーパーポジティブな状態で人生を送ることが出来ます。自分は宇宙の力にアクセスしており、創造の力を宿しているということを、常に意識するようにしてください。そしてこの、「宇宙の力とともに在る」という考え方から、悟りの境地である、「ワンネス」の意識が芽生えてきます。

photo of solar system
Photo by Jacub Gomez on Pexels.com

完璧な調和の世界

広い海や、空にある太陽、空気、目の前にある大自然は、どれ一つとして人間の力で作られたものではありません。全て、何らかのエネルギーによって創られたものです。科学の力で作ったものではありません。

これらの大自然は、完璧な調和のもとに動いています。この宇宙のダイナミクスを生み出している力は、人間の言葉や知識などでは、到底言い表すことが出来ない深遠なものです。

マクロな宇宙の視点から、ミクロな1つ1つの生物に視点を移しても同じことが言えます。植物や昆虫、動物まで、生きとし生けるものは完璧な細胞組織の調和のもとに存在しています。人間の細胞も、肺、腸など全ての臓器が、無意識のうちに完璧な調和のもとに動いています。

「なんてありがたいことだ。今この瞬間の自分は、この全知全能の宇宙の力とともにいるではないか。完璧な調和のもとに組み込まれている。だから、今こうして自分は生きているんだ。」(by 著者)

このような気づきが、深い感謝とともに生まれてきます。私たちは、宇宙の完璧な調和の中で、どういうわけか意識体として存在が認められて生きています。生きていることの奇跡を思うと、感謝せずにはいられなくなりますね。

この完全な調和のもとに自分も組み込まれている感覚が、ワンネスです。全てが一体で、全ては一つなんだということを、頭ではなく感覚で分かるのが悟りです。1人でいる時も、全てとつながっている感覚があるので、物足りなさも感じなくなり、何とも言いようのない心強さを、常に感じることが出来るようになります。

そして、完全な調和をもたらすパワーは、ポジティブであればあるほど強くなります。ポジティブな思考は、肉体レベルでも、神経系統の変化としてはっきりと現れます。神経が宇宙のエネルギーを人間の生命に取り入れているのですが、心の状態によって神経の働きは左右されます。つまり、心がポジティブかネガティブかで、細胞レベルでの身体の活動が、活発になったり弱まったりします。ポジティブ思考で、全身がより調和するようになると、集中力、忍耐力、行動力、頭の回転など、全ての能力がアップします。

さらに、個人の肉体の中で起こる話は、地球規模、宇宙規模でも起こります。貴方がスーパーポジティブでいることは、調和のとれた素敵な世界を創ることになります。なぜなら、人間の思考は、宇宙全体といつもつながっているからです。

『人の生命は常に見えざる「宇宙の力」に包まれている。従って、宇宙の持つ「万能の力」もまた、我が生命の中に当然存在しているのである。故にいかなる場合にも、またいかなることにも、恐れることなく、また失望する必要はない。今ここに、この天理を自覚した私は、なんという「恵まれた」人間であろう。否、真実、「至高至福」というべきである。したがって、ただこの上は、「無限の感謝」を持って、この真理の中に安住するのみである。』(by 筆者)

photo of supernova in galaxy
Photo by Alex Andrews on Pexels.com

・・・・・・・・

最後に紹介した天風さんの言葉、素敵ですよね。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『 運命を拓く (講談社文庫) 』 をご参照ください。

☆関連記事

敵をつくる生き方と、味方を作る生き方。『悟りは3秒あればいい』

本当の成功とは。成功への3段階。『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』

自分を愛する。『「引き寄せスパイラル」の法則』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。