人生のルールが激変した。『ライフピボット』

Pocket

現代は変化の早い激動の時代です。そのような時代にあっては、いくつもライフスタイルを転換(ピボット)しながら生きることが当たり前になりました。いくつになっても自分らしい選択をし続けられるようになるためのヒントとして、黒田 悠介著『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術 できるビジネスシリーズ』より、次の3つのポイントでご紹介します。

  • 人生のルールが激変した
  • 3つの蓄積をする
  • 6つのアクション

人生のルールが激変した

人生のルールが大きく変わったため、全ての人にライフピボットが必要な時代になりました。ライフピボットとはライフスタイルの方向転換のこと、つまり自分の過去の経験を活かしつつ時代に合わせて変化することです。転職や引っ越しも、ライフピボットの一例です。

大きく変わった人生のルールとは、主に次の3つです。

1.人生の長期化

人が長生きするようになったということです。今は人生100年時代ともいわれるように、多くの人が100歳くらいまで生きるようになりました。100歳くらいまで生きるということは、働く時間が長くなるということです。

昔は、教育期間20年+仕事40年+老後10年=70年というような、シンプルな人生設計でした。しかし今は寿命が延び、100年生きる前提で人生設計をする必要があります。仕事をする期間がそれだけ長くなり、50年以上働くのが普通になります。

2.頻繁なライフスタイルの変化

仕事において、現代は転職、副業が当たり前になってきました。つまり、ライフスタイルの変化が頻繁に起こるようになったということです。これは、後述する「3.世界の変化の速さ」に対応するためでもあります。

3.世界の変化の速さ

世界が変化するスピードは、昔と比べて格段に上がっています。

例えば、利用者5,000万人を獲得するまでにかかった時間について、以下のような興味深いデータがあります。

  • 飛行機:68年
  • 自動車:62年
  • 電話:50年
  • クレジットカード:28年
  • テレビ:22年
  • ATM:18年
  • パソコン:14年
  • 携帯電話:12年
  • インターネット:7年
  • iPad:4年
  • YouTube:4年
  • Facebook:3年
  • Twitter:2年
  • ポケモンゴー:19日!!

ポケモンゴーの5,000万人への普及が19日というのは、スマホとインターネットが既にあったからです。つまり、すでに起こった過去のイノベーションが、次のイノベーションを支えているという構造があります。イノベーションが連鎖していく性質により、世界が変化するスピードが指数関数的に加速しています。

たったの2~3年で世界が大きく変わりますよね。ボーッとしていると、置いていかれます。

昔は将来について凡その見通しを立てて生きるのが普通でしたが、現代のような変化の激しい時代においては、プラン通りに行くことはほぼ100%ありえません。計画が無意味な時代であるということです。そこで私たちがするべきなのは、計画ではなく準備です。経験を蓄積することが準備になります。

pexels-photo-368685.jpeg
Photo by Digital Buggu on Pexels.com

3つの蓄積をする

私たちは、仕事の経験を通じて、次の3つを意識して蓄積しておく必要があります。

1.スキル

スキルには3種類あります。

① テクニカルスキル

課題を解決する能力をいいます。いわゆるスキルと言ってパッと思いつくスキルであり、プログラミング、セールス、ライティング、会計、法律等の実務的な能力です。

② ヒューマンスキル

対人関係をうまくやる能力をいいます。会話、聞く力、調整力、プレゼン力、マネジメント力等です。

③ コンセプチュアルスキル

論理的思考、水平思考、批判的思考、柔軟性、応用力、先見性等14種類あります。他の①テクニカルスキル、②ヒューマンスキルと同時に発揮される能力で、例えば、柔軟性が②ヒューマンスキルに活かされる等です。

お金を稼ぐということは、価値を提供し、それに見合う報酬を得るということです。より多くの価値を提供できるよう、これら①②③のスキルセットを蓄えることが大切です。

2.人脈

信用と信頼を得ることを意識して人脈を築きましょう。信用とは、価値を提供すること、実績を積むことで得られるものです。信頼とは、共同作業によって築かれる、深い人間関係によって得られるものです。

人脈があれば、仕事を依頼する、依頼される、新しい情報や機会を得ること等が出来ます。

3.自己理解

楽しく幸せな人生のためには自己理解が必須です。自分の好み、価値観等に対する理解を深めることで、自分が進むべき方向性が見えてきます。それが、人生の充実度、満足度を上げることにつながります。

好きなことをしていると、夢中になりますよね。努力するより、好きで自然と夢中になってしまうことをする方が、より大きな成果を出せます。

pile of doughnuts
Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

6つのアクション

下図の6つのアクションにより、先に紹介した3つを蓄積することが出来ます。

(出所: ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術 できるビジネスシリーズ

図中の①から⑥まで、それぞれ簡単に説明します。

① マッチングサービスを利用する

ビジネス系マッチングサービスを利用することで、人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。例えば、yentaバーチャルランチクラブ等があります。

② 発信し続ける

Facebook, Twitter, Instagram等で、得意なこと、面白いこと、価値ある情報等を発信します。人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。 信用や信頼を貯めるには、実名・顔出しで行うのが良いです。

③ イベントに参加・登壇・主催する

様々なイベントに参加・登壇・主催することで、スキルを上げ、人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。

④ コミュニティに参加する・主催する

オンラインサロン、オフラインコミュニティに参加したり、主催すること等により、スキルを上げ、人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。本書では、aDDressHafH 等が紹介されています。

ギグワークをする

ギグワークとは、オンラインで受注、発注される単発の仕事のことです。例えば、隙間時間をうまく利用するには、UberEatsTimee等があります。また、ココナラストアカタイムチケットでは、自分で商品を出したり、自分の時間を売ることが出来ます。自分のスキルを試すことが出来るので、 スキルを上げ、人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。

⑥ ギブワークをする

ギブする働き方、つまり報酬をもらわずに働くことです。例えばデザインの勉強をしている場合に、友達にSNSのアイコンを作ってあげる等です。スキルを上げ、人脈を作ったり、自己理解を深めたりすることが出来ます。報酬をもらわずに働くので、受注しやすい分多くの練習が出来、多くの経験が出来るというメリットがあります。なお、人はお返しをしたくなる生き物なので、後々何かが戻ってくる可能性もあります。

red cherries on white surface
Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

・・・・・・・・

激動の時代に臨機応変にライフピボットしながら生きられるように、計画ではなく準備をしましょう。

人生が長くなり、変化の激しい時代に生きているということは、私たちは昔の人達と比べ、一生のうちにより多くの経験が出来るということです。今にフォーカスして一生懸命に、でも楽しく!生きましょう。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術 できるビジネスシリーズ』 をご参照ください。

☆関連記事

『個人事業のはじめ方 』と、サラリーマンが副業する場合について。

今は転職、副業が必要な時代。『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』

お金持ちになるために1番大事なこと。『金持ち脳』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。