本当の成功とは。成功への3段階。『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』

Pocket

デヴィッド・R. ホーキンズ 著『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』は、その人のスピリチュアルレベルや、どのくらい悟りを開いているかなどを初めて数値で表した本です。キネシオロジーテストという筋肉の反応テストで、スピリチュアルレベルを科学的に測れることを、筆者は発見しました。

この本については、以前こちらで 1から1,000までのスピリチュアルレベルがあり、そのそれぞれのレベルにはどのような特徴があるのかをご紹介しました。 今回は、「本当の成功とは」というテーマに絞って、次の5つのポイントでご紹介します。

  • 本当の成功とは
  • 一般的な成功が、転落と隣り合わせにある理由
  • 成功とは内なる成長である
  • 真の成功者の気質
  • 成功への3段階

本当の成功とは

成功には、一般的な成功と、本当の成功の2つがあります。

大金を稼ぎ、大勢に認められ、有名になった後没落してしまう人が多くいます。これは、「一般的な成功」のコースを歩んでいる人に良く起こることです。お金や地位を求める「一般的な成功」では、人生の途中で没落する危険が伴うことが多いのです。いつ最悪な状況に一変するか分からない、ということです。

本当の成功は、この様にはなりません。本当の意味での成功のコースを歩んでいる人は、常に人生の質が高まっていきます。後退がなく、常に前に進んでいます。つまり本当の成功は、何かがきっかけでいきなり没落するリスクがありません。

では、この2つは何が違うのでしょうか。

本当の成功とは、「内面の成功」です。精神を高め、常に元気な状態でいることです。いくら稼いでいるかや、どんな地位についているかではなく、人間としてのトータル的な達成が重要です。成功とはお金や地位や結婚だけではなく、地球上の生命の一員としてのもっとトータル的なものです。意識レベルがどれだけ上がったかということです。(意識レベルについては、こちらをご参照ください。)

意識レベルが高い人は、常にハッピー状態です。本当の成功に近づいている人は、どんなに苦しい状況でも、ハッピーでいられるようなメンタルになっていきます。自分の内面から湧き出ている成功なので、外部要因によって、いきなり転落する心配はありません。全財産を失っても関係ありません。そもそもの成功要因が、収入や他者からの承認ではないので、転落のしようがないのです。成功を他者に依存せず、人生における成功を自分で自由に決められる状態です。

focus photography of green leaves
Photo by PhotoMIX Company on Pexels.com

一般的な成功が、転落と隣り合わせにある理由

一般的な成功は、富や名声、注目を浴びることですが、それは常に転落と隣り合わせにあります。なぜなら、一般的な成功を収めると、エゴが強くなる可能性が高いからです。エゴが強くなると、虚栄心が強くなったり、残忍で自己中心的になったり、わがままになったりします。つまり一般的な成功では、傲慢になって謙虚さがなくなるパターンが多いのです。

これに対して「本当の成功」をする人というのは、成功に対して謙虚でいながら、常に「感謝」をしています。

これは、スポーツの世界でも良く見られる話です。優秀だったスポーツ選手が注目を浴びた途端ダメになるのは、富や名声によってエゴが肥大化してしまうからです。エゴが強くなると、意識レベル200以下の「欲望」や「プライド」の状態であることが多いのですが、この状態は、キネシオロジーテストで筋肉が弱く反応することが分かっています。これに対して、そのスポーツに対するファンに最高のプレーをささげようとする思い、純粋な自分自身のさらなる成長などを持っている場合は、筋肉の反応が強くなります。

つまり、「欲望」や「プライド」の状態の場合、どのジャンルで活動するにせよ、最高のパフォーマンスを出すことが出来ないということです。最高のパフォーマンスを出すには、「どうすれば皆の役に立てるか」という意識が大事です。神から与えられた自分の能力を、みんなのために使うという意識です。貴方らしさを、上手に社会に役立てようという意識です。

また、その分野で一番になろうとするだけでネガティブな影響を及ぼす点には注意が必要です。なぜなら、一番になろうとすることは、闘争の意識レベルで、「プライド」の状態だからです。一番になろうとするのではなく、ただ単純に「自分のベストを尽くす」のが大切です。この状態でようやく、意識レベルが200を超え、自分自身にも周囲にも、ポジティブな影響を及ぼし始めます。

まとめると、

  • 一番になろうとすること
  • お金を稼ごうとすること
  • 有名になろうとすること
  • 誰かに認めてもらおうとすること
  • ライバルに勝とうとすること

これらの意識をもっている場合、ビジネスでもスポーツでもベストなパフォーマンスは発揮できません。「欲望」や「プライド」の状態だからです。

この反対に、

  • 昨日の自分より成長したい
  • 世の中の役に立ちたい
  • 皆と楽しみたい

これらの意識は、「成長」と「貢献」の状態なので、最高のパフォーマンスを発揮できます。

selective focus photography of plant with dew
Photo by Lum3n on Pexels.com

成功とは内なる成長である

本当に大事なのは、成功そのものよりも、成功がどのように私たちの性格に影響を与えたか、です。

誇りを持っているか、謙虚でいられるか、感謝しているか等。目標(=成功)に向かう途中でどのような人格になったのかということが、本当の成功を判断するポイントです。

人格的に成長さえしていれば、たとえ稼いでいなくても、貴方は成功しています。逆に、どんなに稼いでいたとしても感謝出来なくなったり、平凡な日常を楽しめなくなった人は失敗しています。

目標は達成するために設定するものではなく、高い目標を設定することで人格的に成長出来るから、目標を設定するのです。だから、意識レベルが高い人は、結果にこだわらな人が多い。結果には執着せず、自分の人格が昨日より磨かれたかどうかだけを気にしています。大事なのは、結果ではなく内なる成長です。

真の成功者の気質

真の成功者は、とにかく穏やかです。本当に成功している大企業のリーダーや、ノーベル賞受賞者、由緒ある家系の一族等は、非常にオープンで温和な人柄であることが多い。

彼らは、成功を一つの「責任」だと思っているか、もしくは、高い身分に伴う「義務」だと受け取っています。成功が、自分の「欲望」からではなく、「貢献心」から来ています。これが真の成功です。横柄になったり、出しゃばったり、権威的になったりは決してしません。

彼らは上下の隔てなく、誰にでも丁寧に接します。思いやりがあり、みんなを平等に扱います。

真の成功者は、自分はただ「恵まれているだけ」で、他の人より「優れている」と思わないので、横柄な態度は微塵も見せません。彼らは、自分の地位に対して、「みんなになるべくいい影響を与える」という任務があることを感じています。神から授けられた能力を活かし、多くの人に貢献するという使命を感じています。

そして真の成功者は、「今の地位や財産を失うかもしれない」という不安がありません。成功の源が「内面にある」という意識があるからです。

これに対して、成功の源が「外側にある」と考える人には、常に不安が付きまといます。パワーの源が、自分の外側にあると思うから、人はパワーをなくし、傷つきやすくなります。所有欲を持つのも、自分のパワーが外側にあると信じているからです。だから、本当に成功している人は、「物欲がない人」がほとんどです。

真の成功は、外部の状況に関係なく、内から湧き出てくるものです。この内面の成功を手に入れて初めて、毎日ハッピーな状態になれます。真の成功者は「減っていかないもの(=内面の成功)」に成功の源をおいているので、いつも穏やかでいられるのです。

close up photography of leaves
Photo by Cats Coming on Pexels.com

成功への3段階

成功には次の3つの段階があります。

1.何を持っているか

成功というのは「物質的な富から得られる」と考える段階です。

2.何をするか

成長するにつれて、「何を持っているか」よりも「何をするか」を大事にします。この段階では、「地位」や「行動」が重要だと考えます。

3.どんな人格か

第2段階の、社会的な役割を果たすという魅力は、その人が成長するにつれてどんどん薄れていき、最終的には、人生経験を通して「自分はどういう人間か」だけに関心を持つようになります。つまり、いかに存在しているかや、毎日どんな気分で過ごしているかだけが重要な状態になります。

自分の肩書や収入などに一切のステータスを感じなくなります。自分自身以外には、何のアイデンティティも求めません。稼いでいる私、弁護士の私、母親である私等が一切消えた、「ただの私」になります。

このレベルの人は、内面のパワーからわき出してくる、カリスマ的な存在感が出てきます。また一般的な成功も、本人は求めていなくても、自然とついてくるようになります。

acorn blur close up color
Photo by Pixabay on Pexels.com

・・・・・・・・

お金や地位などの外部にあるものではなく、自分の内面にあるものに成功を求めると、崩れることもなく、減ることもないという確かな安心感を得られ、心が穏やかになります。

また毎日、「内面的な成長」だけに注意を向けて、自分の成長を志すことが出来るようになると、なんだかんだ外面的な一般的な成功もついてきます。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』 をご参照ください。

☆こういった「意識」や「スピリチュアル」の世界になんとなくアレルギーのある方は、まずは東大医学部教授が語るスピリチュアル人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索』を読んでみてください。

☆関連記事

成功者は、大勝負をしていた。『成功者を奮い立たせた本気の言葉』

幸せだから成功する。『幸福優位7つの法則』

ポジティブな信念を持つ。『巨富を築く13の条件』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。