「目的」の事だけを考える。『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』

Pocket

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』は、これまでに600社以上の働き方改革を支援してきたクロスリバーの創業社長である、著者越川慎司氏が、18,000人のビジネスマンの働き方を分析した結果分かったトップ5%社員の習慣について書かれた本です。

振る舞いを定点カメラで、発言をICレコーダーで、動きに関するデータをGPSでデータ収集し、AI専門家と協力し合って分析した結果、生産性の高いトップ5%の社員に揃ってみられる共通点、その他95%の社員との決定的な違いが明らかになりました。

また、このトップ5%社員が実施している成功ルールを、その他95%の社員にも実践してもらったところ、生産性が向上するということが分かりました。つまり、トップ5%社員の特徴を知り、それを実践することによって、私たちも生産性を上げることが出来ます。

本書を、次の6つのポイントでご紹介します。

  • トップ5%の社員の98%が「目的」の事だけを考える
  • トップ5%の社員の87%が「弱み」を見せる
  • トップ5%の社員の85%が「挑戦」を「実験」と捉える
  • トップ5%の社員の73%が「意識変革」をしない
  • トップ5%の社員の68%が常にギャップから考える
  • トップ5%の社員のシンプルな思考と行動

トップ5%の社員の98%が「目的」の事だけを考える

1.過程や経緯よりも結果重視

トップ5%の社員と、その他95%の社員の違いの一つに、トップ5%の社員は目的を考えて行動しているということがあります。つまり、過程や経緯ではなく、結果を重視した考え方をしています。

その他95%の社員は、「失敗したけれど頑張ったからそれでいい」と考えがちですが、トップ5%の社員は「失敗した」という結果を重視し、なぜ失敗したのか、次はどう改善するべきかということを考えます。

トップ5%の社員は、「結果」「目標」といった名詞、「達成する」「認められる」「成し遂げる」といった動詞を使用する頻度が高いということが分かっています。当然進捗確認はするものの、それはあくまで目標を達成するためです。そこに、無駄な時間は使いません。

また、トップ5%の社員は会社目標よりも高い目標を自身で設定し、それを達成しています。

2.時間を大切にする

トップ5%の社員は、目標を達成するために時間をかなり気にして行動します。

トップ5%の社員は、その他95%の社員に比べ、1.7倍も時計を見ます。また会議でも、時間に関する発言をその他95%の社員に比べ2~3倍しています。時間の大切さを、理解して行動しています。

3.量より質を重視する

トップ5%の社員は、仕事の質を重視します。

現代の働き方改革では、労働時間数ではなく労働成果を評価することが目的になっています。

例えばプレゼンテーションの際、大量の資料を作ることよりも、少ない資料で多くの人が理解できることの方が価値があることを知っています。トップ5%の社員は、会議が終わったら見なくなる資料に、そもそも時間は使いません。

その他95%の社員は、トップ5%の社員に比べ、平均で32%もページ数が多い資料を作成していました。トップ5%の社員が作成した資料は、枚数も少なく、1枚のスライドに記載された文字数も少なかったのです。

これはトップ5%の社員が、資料を作成するという「過程」ではなく、内容を理解してもらい、何らかのアクションにつなげるという「結果」を重視しているからです。

abstract accuracy accurate aim
Photo by Pixabay on Pexels.com

トップ5%の社員の87%が「弱み」を見せる

ここでいう「弱み」とは、腹の内ということです。つまりトップ5%の社員は、腹を割って話すのが上手だということです。

例えば何か分からないことがあった時、その他95%の社員は良く分からないところをスルーしがちです。一方トップ5%の社員は、すぐに質問をします。その方が、部下からも上司からも信頼されやすくなります。変なプライドは、持つだけ損なのです。

トップ5%の社員はそのことを知っています。初めての人と関係を構築する時、まずは雑談から入り相手との距離感を縮め、実際に関係を構築してく段階では、自分の弱みをさらけ出すようにしています。

自分が無駄にプライドを持っていると、相手も自分の弱みをさらけ出すことに抵抗を感じるようになります。

優秀な社員を目指すのならば、「無駄なプライドを捨て、自分の弱みを相手に見せることで、相手と親密な関係を気付いていく」ということを意識すると良いのです。

hispanic girl whispering secret on ear of friend
Photo by Eren Li on Pexels.com

トップ5%の社員の85%が「挑戦」を「実験」と捉える

トップ5%の社員は、失敗を恐れず新しいことに挑戦することを「実験」と捉え、行動していきます。一方その他95%の社員は、「でも今はその時じゃない」「どうせ失敗する」等と挑戦を避けます。

行動の回数が減れば、自分が成長する機会も減ります。この行動回数の差が、トップ5%の社員とその他95%の社員を分けるポイントです。

失敗しても反省して次につなげられる人間こそが、成長できるのです。失敗から学べることは多いので、どんどん行動して、たくさん結果を出して、それらを次に活かしましょう。

トップ5%の社員の73%が「意識変革」をしない

トップ5%の社員は、「意識が変わらなければ行動が変わらない」という自己啓発書等によく書いていることが間違っていることを知っています。

実は逆なのです。行動を変えなければ意識は変わりません。トップ5%の社員は、行動から変えていくことを重視しています。行動が変わっていけば、意識はおのずと変わっていきます。

例えば具体的な行動として、「打ち合わせに参加したら必ず自分の意見を発言する」と決めるとします。それにより、もし自分の意見をきっかけに何かの議論が生まれたり、自分の意見に対してメンバーからフィードバックをもらえたら、今後は自発的に発言しようと考えるようになり、自ずと意識も根底から変わっていきます。

トップ5%の社員の68%が常にギャップから考える

トップ5%の社員は、今いる位置から最終目標に到達するためにはどのくらいのコストが必要で、どのような行動が必要かを逆算して考えます。

まず簡単な道筋を立て、チェックポイントを決め、大まかな準備だけしてさっさと行動を開始します。そしてチェックポイントごとに、今までの道筋は間違っていないかを振り返ります。

間違っていることに気づけば、前のポイントに戻れば良いので、大きなロスは生じません。その結果、スピードを保ったまま目標を達成することが出来ます。

person in long sleeve shirt holding a calculator
Photo by Mikhail Nilov on Pexels.com

トップ5%の社員のシンプルな思考と行動

1.連絡は早くする

トップ5%の社員は、連絡が早いです。どんな細かいことも報告し、相手からの連絡はすぐに返します。目標は15分以内です。

こうすることで、連絡をした相手は、連絡がいつ来るのかというストレスから解放されますし、連絡がスムーズに行えるので、お互いの生産性も向上します。

ボールを常に相手に投げた状態を維持していた方が、間違いなく生産性は高まります。

2.幸せの感じ方

トップ5%の社員は金曜日の夜に幸せを感じるのに対し、その他95%の社員は土曜日の朝に幸せを感じます。

16万人のアンケートの結果、約6割の人は土曜日の朝に幸せを感じるそうです。なぜなら、仕事が忙しすぎるからです。

一方トップ5%の社員が金曜日の夜に幸せを感じるのは、達成感を感じているからです。元々目標を定めて仕事をしており、金曜日の夜にはその目標が達成されるからです。

3.有酸素運動を取り入れる

トップ5%の社員は、その他95%の社員に比べ、圧倒的に日常的に有酸素運動をしており、ランニングは3倍しています。

有酸素運動はストレス発散にもなります。

unrecognizable woman with dog running on picturesque beach in twilight
Photo by Ben Mack on Pexels.com

・・・・・・・・

本書に興味を持っていただいた方、詳細は『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』 をご参照ください。

なお本書は、Kindle Unlimitedに登録すると、無料で読めます。Kindle Unlimitedでは200万冊以上の対象の本が読み放題ですので、読書家にとってはとても嬉しいサービスだと思います。

☆関連記事

お金のために働かない。正社員の幻想。『非常識に生きる』

仕事は正しさよりもスピード。『仕事が速い人が無意識にしている工夫』

試してみることに失敗はない。『仕事は楽しいかね?』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。