世の中の「恋愛格差」を知る。『男の自信のつくり方』

Pocket

モテる男とモテない男の違い、それを一言で言うと、「自信」があるかないかです。

「男の自信とは、ありえない早さで女性を惹きつけ、腰砕けにさせる魅力の事である。それは100年後まで繁殖できるDNAが、あるかどうかともいえる。」

潮凪洋介 著『「男の自信」のつくり方―――男(オス)の中の男(オス)が実践していること』から、次の9つのポイントでご紹介します。

  • 世の中の「恋愛格差」を知る
  • 「出会いの苦行ハイ」を楽しむ
  • 引き際こそ、鮮やかに
  • 自信のない人はもっと遊ぶ
  • 結婚する女性を間違えない
  • 得意なモテステージを見つける
  • 美女との会話に慣れる
  • だまされたと思って体を鍛える
  • 好きなことを仕事にする

世の中の「恋愛格差」を知る

世の中にはほとんどの人が口にしない「社会格差」があります。それは恋愛格差です。

経済格差は問題にするのに、「恋愛格差」は聞きません。しかし、世の中にはとてつもない恋愛格差が存在します。

モテる人はどんどんモテ、モテない人は底なしに孤独になっていきます。この格差のヒエラルキーの下の方の人は、一生自信を持つことが出来ません。

女性にも男性にも恋愛格差はありますが、男性の方が格差が激しいかもしれません。女性からのニーズが全くなかったり、求めても断られる人もいます。

一方で、この国を作っていくのはピラミッドの上の方の自信男、オスとしてのフェロモンと自信を持ち、女性を惹きつける男性達です。

女性は、その男性がどの「ヒエラルキー」に属しているのかを本能レベルで会った瞬間に見抜きます。

モテ・ヒエラルキーの上層部の人と、下層部の人では女性とのコミュニケーション能力が全く違います。同じような学歴、年収、社会的地位でも、その差異は顕著に存在します。

pyramid of wineglasses on table
Photo by Jill Burrow on Pexels.com

「出会いの苦行ハイ」を楽しむ

「出会いの苦行ハイ」とは、出会って、出会って、出会いまくることです。

時に傷つき、時に感動し、時に憎み、その過程で恐怖が和らぎ、緊張が麻痺し、傷も麻酔がきいた状態になります。この状態が維持され、快楽や達成感、さらには絆をかみしめることになります。それが「出会いの苦行ハイ」です。

これをやり続けても、すぐに成果が出るわけではありません。しかし「出会いの苦行」を楽しむことなしには、「男の本能的自信」を身に付けることは出来ません。

引き際こそ、鮮やかに

「オスは肉食であれ!」というと、女性を追いかけまわせばいいと勘違いする人がいますが、真の自信男になりたければ、「引き際」をきちんとするべきです。

なぜなら、どんなに魅力的な男性でも、アプローチした女性全員が100%落ちるということはありません。モテ男でも、必ずフラれるし、断られるのです。

断られた瞬間にスイッチを切り替えましょう。友人モードにコース変更すれば、それが新しい出会いにつながるかもしれません。「しつこい」と思われないよう、引き際はさらっとすることです。

white plumeria flower on water
Photo by NEOSiAM 2021 on Pexels.com

自信のない人はもっと遊ぶ

毎日遊んでいて、昨夜の女性の残り香が消えないような男性に、女性は惹かれます。ただしこれは、結婚相手としてのモテではなく、本能的に骨抜きになるということです。

ついさっきまで他の女性に受け入れられていた男性を、女性は優秀な繁殖力の持ち主とみなします。女性の扱いに慣れているような余裕が、別の女性を魅了し、いつもと違った展開がなされることもあるでしょう。

女性は、「自信がある男性」、「余裕がある男性」、「遊び心のある楽しい男性」に惹かれます。ですので、遊びを知らない男性が遊ぶこと(合コン、クラブ、デート等に行って女性と接すること)は、大切だと思います。ただし、男性経験がそれなりにある女性は、遊んでばかりいる「軽い男性」を本能的に見抜き、避けようとする人も結構多くいると思いますので、遊ぶのはほどほどが良いと思います^^)

結婚する女性を間違えない

どのような妻を選べば良いのか。

貴方が選ぶべき女性は、貴方がモテることを誇りに思っている女性です。「色々な男性の中でも、ひときわモテる男性と結婚したい」と思っている女性がいます。そういう女性と結婚すると良いです。

お勧めは、社交的で人間が好きで、人脈が広い女性です。そして、自分の力で仕事を広げていく、仕事に関して自立している女性もお勧めです。

もちろん、妻となった女性は大切にするべきです。尊敬して、一緒に人生を歩んでいくパートナーとして頼りにしてください。

delighted couple lying on bed in cozy bedroom and cuddling
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

得意なモテステージを見つける

人生を振り返り、過去にモテた場所を探してみましょう。それは自分の得意ワザに気づく大切なワークです。得意なモテステージを見つけます。それだけで、貴方は繁殖力の強い、自信のある男性になることが出来ます。

仕事でも、成功者の多くは「たった一つの事」で成功しています。恋愛も同じです。異性から見て自分が最も輝くステージでモテればいいのです。

  • ビジネスで知り合った相手との相性が、一番良かったですか?
  • カラオケに行ったグループ内で、恋愛が生まれがちでしたか?
  • インターネット上での出会いが一番うまくいきましたか?

告白された、遊びの色恋に発展した、あるいは本命の彼女になった等、紙に書きだし、そこでモテた理由を分析します。

これにより、普段気づけなかった、「無意識下」のモテポイントに気づけます。気づくことが出来れば、そこを徹底的に伸ばせばいいのです。

美女との会話に慣れる

世の中に貢献した男性、世の中を変えた男性たちの過去には必ず仕事しかしていない時期があります。大きな仕事は、この「集中状態」なしには到底成し遂げられません。大きな年収を稼ぎだす人や、会社の経営者も同様です。

しかし、それだけではモテる世界の勝ち組にはなれません。高学歴で高収入なのに、女性からモテない人は多くいます。彼らがハンデを背負う第一の要因は、「コミュニケーション能力の欠如」です。問題なのは男性ばかりで、さらにはコミュニケーションをあまり必要としない職場です。

心当たりがある人は、仕事から切り離し、今すぐ社外に第三の場所を作りましょう。まずは会話に慣れること、美女に慣れることです。

close up photography of woman laying on table
Photo by chris howard on Pexels.com

だまされたと思って体を鍛える

35歳を超えると、スレンダーなマッチョ体型のスポーツフェロモンを身にまとった男性が、モテ始めます。40代になると、健康維持という意味合いも出てきます。

本気で仕事をこなし、成果を上げてきた大人であればあるほど、「スポーツ」がその人を引き立てます。スポーツを通じて得た筋肉、スレンダーな体、つやのある肌、躍動感のある物腰を身に付けた時に、それらが女性の心に刺さります。

社会経験と知識とオーラは、男性を形成するソフトであり、鍛えられた肉体は、そのソフトを搭載するハードです。だまされたと思って体を鍛えましょう。

隙間時間を活用して運動を少しずつ積み重ねることにより、成果は必ず出ます。運動は絶対に貴方を裏切りません。

好きなことを仕事にする

どうしたら、女性に好まれるフェロモンが出るのか。その答えの一つに、「好きなことを仕事にする」と言うものがあります。

好きな仕事をすると、なぜフェロモンがあふれ出てモテるのか。それはまず、それまで背負っていた不毛なストレスや無駄な苦痛が消え、心が晴れ渡り、快楽を感じている時間が増えるからです。また、仕事への集中力が高まり、長時間向き合っていても飽きないため仕事の成果が出やすくなり、自信がつき、物腰も堂々とするからです。

好きな仕事をして、自分で決定権を持ち、没頭し、成果を出す人は、男性からも女性からもモテます。

自分の魂が揺さぶられる仕事とは、どんな仕事なのか。それを探す旅こそが、自信男になるための大きな一歩となります。

white smartphone beside silver laptop computer
Photo by Dominika Roseclay on Pexels.com

・・・・・・・・

本書に興味を持っていただいた方、詳細は『「男の自信」のつくり方―――男(オス)の中の男(オス)が実践していること』 をご参照ください。

なお本書は、Kindle Unlimitedに登録すると、無料で読めます。Kindle Unlimitedでは200万冊以上の対象の本が読み放題ですので、読書家にとってはとても嬉しいサービスだと思います。

☆関連記事

ハイスぺ男子に選ばれるには。『なぜ、彼女ばかりがハイスぺ男子に選ばれるのか』

日本の婚姻数と将来人口、未婚化の要因『結婚滅亡』

愛を経験する。愛する能力を高めるポイント。『愛するということ』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。