ネガティブがあるほど人生はうまくいく。『自分のままで突き抜ける無意識の法則』

Pocket

人生は自分の思い通りにならないというのは、誤った信じ込みです。そう思い込んでしまうのは、貴方が「本当の人生を生きていない」からです。

本来は、誰の人生も「思い通りになる」のです。それがこの世の真実です。

私たちはそれぞれ「生きる目的」をもってこの世に生きていますが、社会の要請から作られた「社会的自分」と「本当の自分」とが合致していないケースが多々あります。「本当の自分」を生きていないと、生きづらく、思い通りにならない人生を歩むことになります。そんな人が今非常に多いのです。

梯谷幸司 著『自分のままで突き抜ける無意識の法則~人生を“思いのまま”に変える最強の心理メソッド』を、次の3つのポイントでご紹介します。

  • 「目の前の現実」がガラリと変わる無意識の話
  • なぜ、ネガティブがあるほど人生はうまくいくのか
  • あなたを縛る「リミッター」を外す

「目の前の現実」がガラリと変わる無意識の話

心理技術アドバイザー/メンタルトレーナーである梯谷氏は、これまで7万人以上の方の相談を受け、生きることが「喜び」ではなく「義務」と感じている人が非常に多いと感じています。このような状態では、心身は疲労し、人生にまつわるありとあらゆる悩みが生まれます。

主体的に生きていれば生命力は強化されますが、義務感や生存欲求のみで生きていると、免疫や生命力は弱まっていきます。

「脳は逆に動く」ということ、聞いたことはあるでしょうか。物事には相対関係があるので、あることを意識すると、その相対関係にある逆のことを同時に意識してしまうということです。例えば、「お金が欲しい」と思うと、「お金がない」状態を現実化しようとします。「安心が欲しい」と思うと、「不安」な状態を現実化しようとします。

これと同じで、「生き残りたい」と思うと、「死」を現実化しようとするので、病気になったり、無意識に事故に遭ったり、ショッキングなニュースに注目したりします。

つまり、生に固執することが、非常に良くないスパイラルにつながるのです。ただ死を悪いものとしてとらえていると、嫌なことが近づいてくるという前提が生まれてしまいます。そうなると、生きること自体が苦痛になり、今この時間をめいいっぱい生きることが不可能になってしまいます。そして、自分の持っているエネルギーを100%発揮することが出来ず、頑張っているのにうまくいかないというモヤモヤが疲労感につながります。

人生を思い通りにし、自分のポテンシャルを100%発揮したいと願うなら、命は「生きる目的」を全うするための道具に過ぎないと考えてみましょう。

貴方は何のために生きるのか、何のためにその命を使うのか、貴方の心には、無限の可能性があります。潜在意識のブレーキを外し、貴方に秘められたポテンシャルを発揮し、人生を思い通りに変えるためには、あなたの「生きる目的」をはっきりさせることが大切です。

貴方の人生で、仕事での挫折、人間関係でのトラブル、ケガや病気など、貴方にとって一見不幸な出来事が、貴方の人生にとって何に気づくために必要だったのか、自分にとってどんな意味があるのか、少し考えてみてください。

とてつもない不幸やネガティブなことに見舞われてしまったと思ったけれど、あとでよくよく考えてみると、それは自分にとって経験する必要があったことだったとか、それが起こったおかげで、結果としてプラスの方向へ流れを変えることが出来たとか、そんな経験が、貴方にもあるのではないでしょうか。何かを学ぶために、自分はこの体験をすることになったのだと考え、その意味を探り、気づき、学んでいきましょう。

誰の人生でも、必要なことしか起こりませんし、必要な人としか出会わないのです。

物事には、ポジティブな側面もネガティブな側面もどちらもあります。そのどちらに注目するのかは、貴方の選択次第です。物事のポジティブな面に注目し、その状況の中に感謝や喜びを見出していくことが出来れば、運命は好転していきます。

white clouds on blue sky
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

なぜ、ネガティブがあるほど人生はうまくいくのか

一見ネガティブな出来事も100%そうではなく、必ずポジティブな面を含んでいます。

とはいえ、人は孤独感、劣等感、無価値感等、ネガティブな感情を嫌います。ネガティブな感情を紛らわすため、お酒を飲む、美味しいものを食べる等をします。しかしこれらは所詮、気休めに過ぎません。

ネガティブな感情を押し殺してなかったことにしてしまうと、生き埋めにされた本当の自分は、後々表の自分を壊しに来ます。

「無意識の感情が死ぬことはない。それらは生きたまま埋められ、のちに醜い形で姿を現す。」(by ジークムント・フロイト)

ネガティブな感情が、「私はこんなにダメな人間なのだ」と主張し始めます。その主張は、顕在意識では抗えず、その人にとって最も急所となるところを狙って、様々な方法で示されます。例えば、自己破壊的な行動に走ったり、病気になったり。あらゆる手段を使って暴走を始めるのです。これに対処するには、「なかったこと」にしたネガティブな自分も本当の自分の一部なのだと受け入れていくことが必要です。

ネガティブな感情を無視してはいけないのです。必要があるから存在しているのですから。

とはいえ、人は直視したくない感情を、多かれ少なかれ生き埋めにしているものです。どんなに醜い感情が湧いてもいいのです。

大切なのは、ネガティブな感情そのものではなく、何のためにネガティブな感情になっているのかという、心の裏に隠された目的に着目することです。この感情は何のために生まれたのか考え、自分の中の奥へ入っていくのです。それが、「生きる目的」につながっています。

逆に、ネガティブな感情を認めず無視しようとすると、「生きる目的」が分からなくなってしまいます。

どんな人のどんな人生にも、必ずかけている部分、ネガティブな部分はあります。その理由は、その欠けている部分を自分自身の手で育てるためです。この「欠けている部分」について、悩み、考え、自分で対処法を開発し、それを人に伝えていくことが、貴方の役割です。「本当の自分」が教えてくれているのです。

人間には、「実際に体験をした人から学びたい」という本能的な欲求があります。つまり、貴方が人に影響を与えるためには、あらかじめ「欠けている」体験をしていることが必要なのです。

goal lettering text on black background
Photo by Anna Tarazevich on Pexels.com

あなたを縛る「リミッター」を外す

人は一般的に、愛、幸福、富が集まると良いなと思います。しかし、ただ「集まると良いな」と思っている人の元に、それらは集まりません。

愛、幸福、富が集まるためには、なぜあなたを選ぶ必要があるのかという理由が必要です。あなたが背負う「看板」に対応して、現実が作られていきます。

例えば、表向きは「社会のために貢献したい」と言っている社長がいたとして、その社長が内心「俺の私利私欲のために働け」と思っていたら、それがその社長の見えない「看板」になります。また別の社長が内心「私はこういう世の中を作りたいからみんな協力して働いてほしい」と思っていたら、それがその社長の「看板」になります。そして、人は無意識に人が背負う「看板」に反応するのです。

これは人間に限りません。お金も情報も現実も、私利私欲にまみれているような人には豊かさはなかなか集まりません。

愛、幸福、富が集まるためには、なぜあなたを選ぶ必要があるのかという理由が必要なので、「私は〇〇をやるために、情報、愛、幸福、お金、体験、物質的なことが全て必要なのだ」という強い理由を、自分で決める必要があるのです。出来るかどうか等、関係ありません。この世の中は、最終的に意思(意図)が強いものが勝つというメカニズムがあります。

そして決めたら、そこから動かないことです。そうすると、現実が自分に合わせてきます。環境に左右されるのではなく、自分が環境を動かすのです。そのために、「私はこのためにやるんだ」という目的をはっきりさせましょう。

また、人間には誰しも「こうあるべき」「こうあってはならない」という自分なりの基準がありますが、その基準を外すことが出来ると、目的の現実化が加速するということを覚えておきましょう。

例えば筆者の場合、「セミナーに人が集まるべき」という基準があった時、「人が集まらないのではないか」という不安・前提があったため、「集まらない」が現実化していました。それを「セミナーに参加したい人だけがわんさか参加する」という新しい基準に変えたところ、「集まる」が現実化するようになったそうです。

自分が目標の設定をする時に大切なのは、その目標を誤らないことです。「私はこういう欲求で、こういう目的でやる」、「私はこれがやりたいからやる」、そう決めて、自分で達成していくのです。そこから、ポジティブなスパイラルが始まります。

black android smartphone on top of white book
Photo by Pixabay on Pexels.com

・・・・・・・・

本書に興味を持っていただいた方、詳細は『自分のままで突き抜ける無意識の法則~人生を“思いのまま”に変える最強の心理メソッド』 をご参照ください。

☆関連記事

自分を愛する。『「引き寄せスパイラル」の法則』

思考は現実化する。引き寄せの法則。『ザ・シークレット』

東大医学部教授が語るスピリチュアル。『人は死なない』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。