結婚してはいけない男性の特徴 

Pocket

結婚は、人生においてとても大切なものです。しかし、結婚して良かった、幸せだと思う方も多くいる一方、不幸になっていく結婚もあります。

結婚において、パートナー選びは非常に大切です。パートナー選びで、その結婚が幸せなものになるか、不幸なものになるかがほぼ決まります。パートナーを選ぶ際、こういう男性は避けた方が良いという特徴を10個ご紹介します。

あなたを愛さない男

愛し合っているから結婚するというのがあるべき姿だと思いますが、中には条件や他人の目を気にして結婚する場合があると思います。妥協して結婚する場合もあると思います。

結婚において何よりも大切なのは、自分のことを大切に思ってくれているか、愛してくれているかです。相手の愛の有無の判断基準は、貴方の心以外にはありません。貴方が愛されていると感じるなら、愛されています。貴方が愛されていないと感じるなら、愛されていないと判断して良いと思います。貴方自身が、どのように感じるかです。

愛のない結婚は、苦しみの連続です。特に、自分は相手のことを愛しているのに、相手が貴方のことを愛さない場合、その苦しみは倍増します。

自信のない男

自信とは、自分の能力を自分が信じることです。この場合の能力とは、社会的に能力があるかどうかというより、人生を生き抜くサバイバル能力があるかどうかです。その能力を、男性自身が、自分を信じているか、ということです。

結婚とは、二人の人間が、ある意味では液体のようにお互い混ざり合い、1つの形をもう一度作り直す共同作業ともいえます。そのため、自信のない男性と結婚すると、女性も自信を失っていきます。自分を信じない男性を、女性が信じることは道理に合いません。また、例え信じたとしても、その先に幸せな結婚生活が待っている確率は低いです。

対話が出来ない男

対話が出来るかどうかということは、その人がどれだけうまく話すかということではありません。相手の話をちゃんと聞いているかどうかです。

貴方が相手に話をしている時に、相手が貴方の話をちゃんと聞いてくれているかどうか、関心をもって、愛情をもって耳を傾けてくれているのかどうかです。良くしゃべるけど人の話をきちんと聞かない人は、対話の能力が低いということです。自分のこと、知っていること、興味のあることだけを話そうとする人はNGです。

bridge and groom standing while holding flower bouquet
Photo by Trung Nguyen on Pexels.com

共感力がない男

仕事においては理性的なやり取りですので、議論をすれば落としどころを見つけていくことが出来ます。一方で結婚は、思考のやり取りではなく、そのほとんどが感情のやり取りなので、お互いの感情への配慮がなければ、結婚生活はうまくいきません。

共感力とは、相手の感情に関心をもって寄り添ってあげられる能力です。そして、共感力は才能ではなく、その人が後天的に努力した結果得られるものです。

特にあなたが苦しい時の相手の態度をよく観察しましょう。その男性が、貴方が苦しい時に、貴方の気持ちに寄り添ってくれているのかどうか。共感力が全くない男性とは、結婚してはいけません。

あなたの夢、未来にあまり関心がない男

あなたが夢や未来を語っている時に、それに関心を持たない男性と、結婚するべきではありません。

なぜなら、貴方の夢や未来に関心を持たないということは、その男性が、貴方を存在として愛していない、配慮がないということだからです。貴方の夢や未来にも興味を持たない人が、貴方の日々の悩みや苦しみに寄り添うことは、想像しにくいからです。

否定的な男

ネガティブなことは伝染しやすい性質があります。男性がネガティブであれば、貴方もネガティブになります。

光ではなく影を、可能性ではなく限界を見るような男性と一緒にいると、生活全体が暗くなっていきます。

wedding couple sitting on green grass in front of body of water at sunset
Photo by freestocks.org on Pexels.com

執着心や独占欲が強すぎる男

愛があり関心があれば、相手に対して一定の執着をしますし、独占欲も一つの愛のしるしとして受け止めることも出来ます。

しかし、相手が貴方をコントロールしすぎている、行動を制限しすぎている等と感じるのであれば、それは危険信号です。そのような男性は、自分の自己顕示欲が強く、利己的な傾向があります。自分の自由意思は大事にするのに、相手の自由意思は大事にしないため、男性と貴方の意思が対立した時には、その男性の意思に常に従わなければならなくなります。

連絡があまりつかない男

貴方が相手の男性を愛していれば、連絡がつかないことがストレスになることもあると思います。

連絡がつかない男性は自己中心的なので、自分が連絡したいときだけ連絡を取ります。都合が合わないときは一切シャットアウトして自分の世界に集中し、余裕が出た時に相手に返事をしたり、連絡をしたりします。そのような人と結婚すると、色々な我慢を強いられることになります。

もし連絡がつかないことが苦しければ、相手に明確に言葉にして伝えましょう。改善されないまま結婚すると、我慢の結婚生活になってしまいます。

マザコン男

二人が付き合っていて何かがあった場合、マザコン男性はいちいち母親に報告したり、相談したりします。そのような男性は、母親から精神的に独立していません。そして今後も、精神的に独立する可能性は低いといえます。

マザコン男と結婚すると、2人の結婚ではなく3人(+母親)の結婚になります。2人の問題なのに、なぜか3人の問題になっていて、そして3人目の母親は常に男性を味方します。このような結婚は、女性がとても苦しい思いをすることになります。マザコン男とは、結婚してはいけません。

あなたの両親、家族に興味がない男

結婚とは、基本的には当事者2人がするものではありますが、当然ながら家族が関わってきます。結婚とは、家族同士がご縁を結ぶということでもあります。

男性が、貴方の家族に全く興味を持たなくなってしまったり、敵対的な精神的な態度になってしまうような場合、結婚生活は、何があっても苦しくなっていきます。

つまり、そういう男性と結婚すると、その男性との関係が近づけば近づくほど、貴方の家族との距離は乖離してしまうという不幸な結果を招きます。

woman wearing white wedding gown holding hands with man while walking
Photo by Jeremy Wong on Pexels.com

・・・・・・・・

☆関連記事

男性が手放さない、成熟度の高い最高にいい女性の特徴6つ

相手に求めるだけでは結婚は成立しない。『大人の婚活』

専業主婦希望の女性との結婚はリスク。『損する結婚 儲かる離婚』

日本の婚姻数と将来人口、未婚化の要因『結婚滅亡』

愛とは。結婚とは。自由の表明について。『神との対話 3』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。