自信を持つには、どうすればいいのか。

Pocket

自信がない人、自信を持つにはどうしたらいいのか、分からないで悩んでいる方は多くいるようです。ところで、自信とは何でしょうか。

自信とは、自分を愛すること

自分が何かを成し遂げたから、才能があるから、実績があるから、地位や名誉があるから、周りが認めてくれたから、「自信がつく」というものではなく、究極の本物の自信は、貴方が貴方自身を愛しているかどうかです。

自分への信頼を、自分への愛を通じて手に入れた時に、貴方は無敵になります。なぜなら、他の何ものも気にならなくなるからです。自分を完全に信用できるようになるので、どんなことでも出来るようになります。

反対に、自分に対する愛がなければ、満たされた、充実感のある成功を手に入れることは出来ません。充実感のある成功がないということは、失敗と同じです。充実感のある成功は、自分を愛することからスタートします。

無条件に自分を心から愛する人は、心から感謝の気持ちを抱きながら生きている人です。自分を愛することに条件を付ける人は、人を愛する時も条件を付ける人です。

貴方の今の人生が喜びに満ちたものであれば、貴方は既に自分のことを愛しています。逆に、うまくいかないと思ったり、不安だったり、悩んだり、恐れたり、無気力になるのであれば、貴方は自分を愛することに条件を付けているということです。

自信あふれる日々を送るためにやるべきことはただ一つ。自分を愛することです。

close up photo of ring
Photo by Danielle De Angelis on Pexels.com

自信とは、楽観主義でいること

楽観主義とは、きっといい結果になるはずという、自分の中での期待です。未来はきっとよくなるということを自分が信じることです。楽観主義というのは、努力しない人たちが、ぼーっと未来に対して根拠のない期待を抱くことではありません。

確かに、未来に対する見方が楽観主義であるか悲観主義であるかは関係なく、圧倒的な努力をしていれば、結果を出すことは出来るかもしれません。例えば受験をする等は、努力で一定の結果を出すことは出来ます。でもそれは、顕在意識(理性、決意、意識的な努力など)を過信しているとも言えます。そこには限界があるからです。

人生は、時に希望を失いかけるような不可抗力的な出来事、試練、苦難、苦境、逆境が襲い掛かってくることがあります。人生は、「受験をする」等といった、努力をすれば何とかなることだけではなく、もっとどうすれば良いのか分からないような、どうすることも出来ないような出来事が起きます。

どうにもならないような苦難に遭遇した時には、心の中に光を見出すことが大切です。そんな時に、「楽観主義」が大切になります。私たちは生きているだけで、楽観的であるための十分な理由があるのです。

close up of two flute glasses filled with sparkling wine wuth ribbons and christmas decor
Photo by Oleksandr Pidvalnyi on Pexels.com

・・・・・・・・

☆関連記事

『小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』

ありのままの自分を受け入れる。『ラディカル・アクセプタンス』

意識への旅。『世界のエリートが実践する 心を磨く11のレッスン』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。