1つの事に魂を売る。センターピンを掴め。人と群れるな。『ブチ抜く力』

Pocket

ブチ抜く力』の著者、与沢翼さんは、高校生の時の偏差値は30だったそうですが、これではまずいと思って猛勉強し、大検を取得して8か月で早稲田大学社会学部に入学、22歳の大学在学中にアパレル通販会社を起業し、わずか3年半で月商1億5,000万の会社に成長させ、ネオヒルズ族「秒速1億円の男」として注目を浴びました。

しかし2014年、資金が完全にショートしたとして会社が破綻状態にあることを明らかにし、自己破産してほぼ無一文状態になりました。その後シンガポールに移住し、FXで1億3,500万円を稼ぎ、仮想通貨で14億円稼ぎ、投資家として、株式、FX、仮想通貨、不動産、保険、債券、信託などに分散投資し、4年間で資産70億円を形成されました。

ブチ抜く力』には、最速で結果を出し続けていた与沢さんの知恵が詰まっています。

  • 1つの事に魂を売り、ぶち抜いていこう。
  • センターピンを掴め。そして3週間、徹底的にやり切れ
  • 人と群れるな。誰とも組まず、単独で突っ走れ!
  • 人の能力自体に差はない。勝敗を分けるのは「どれだけ種をまき続け、失敗を積むか」。
  • 10年後の自分を見据えているか?10年あれば、人は何者にでもなれる。
  • 「一人突っ込み」を繰り返し、自説への反論・悪口・対抗記事を論破せよ。
  • 1国に依存するのはリスクである。世界と取引できる人間になろう。
  • 自分で自分を殺すな。空気を読みすぎる奴は負けだ。

1つの事に魂を売り、ぶち抜いていこう。

1つの事に魂を売るとは、あれこれたくさんの事に手を出すのではなく、たった一つ、これだけは達成するのだという物事を決めて、その事だけに命を懸けろということです。

1つでなければいけません。あれこれ手を出せば、どれも中途半端な結果で終わってしまうし、そんな人に魅力を感じる人はいないからです。スポーツ、将棋、ゲーム、建築、絵、音楽など、ジャンルは何でも良いですが、1つだけぶち抜いた結果を出している人達は、周囲から一目置かれるようになります。そうなれば、いい仕事やチャンスが次々と舞い込んできます。

ぶち抜きたければ、ある一点に最大の力をふるい、それ以外は捨てましょう。24時間その事だけについて考え、「やり切った。もうこれ以上やりたくない。」と思えるまで、ストイックにやりこまなければなりません。

white matchstick
Photo by Pixabay on Pexels.com

センターピンを掴め。そして3週間、徹底的にやり切れ。

与沢さんは「秒速1億円の男」と言われていますが、確かにこの方は、何事もものすごいスピードで結果を出してきています。

65日間で22キロのダイエットに成功し、お金を稼ぐスピードも非常に速い。なぜそんなに早く結果が出るのかというと、センターピンを捉えて、とんでもない実行力で実行しているからです。センターピンとは、ボーリングのピンの1番先頭にあるピンのことです。センターピンさえ外さなければ、たとえ遅いボールを投げたとしても全て倒してストライク、いい結果を出すことが出来ます。

物事にはすべて、センターピンが存在します。そして、自分でそのセンターピンを探す必要があります。

例えばダイエットでいうと、食事から炭水化物を減らすことがセンターピンです。運動ではありません。30分ランニングしても200カロリーしか消費しないので、運動しても食べていては痩せないのです。

与沢さんの場合、そのセンターピンをいち早く見つけて、毎回全力で行動することで、ぶち抜いた結果を最速で出し続けています。

センターピンの見極め方は、間違っても良いから、これがセンターピンじゃないかと思うものを見つけて、3週間試してみることです。3週間本気でやって効果が出なければ、そのセンターピンは間違っているということです。

sport alley ball game
Photo by Skitterphoto on Pexels.com

人と群れるな。誰とも組まず、単独で突っ走れ!

与沢さんは現在個人投資家として大成功していますが、その前は多くの社員を抱える会社の社長でした。つまり与沢さんは、1人になってから本物の成功を掴みました。

素晴らしいビジネスモデルや経営能力を持っている人は、チームで動いた方が大きく結果を出すことが出来るかもしれませんが、ほどんどの人はチームプレーしない方が良いのです。なぜなら、人と仕事をするのはリスクが大きいからです。

人を雇うためにはお給料を支払う必要があり、オフィスを借りる必要があり、従業員の人間関係や不満にも目を光らせなければなりません。何かを変えるにも、1人なら身軽ですが、人を雇った場合は周りに説明しなければなりません。期待していた人に裏切られることもあります。与沢さんは実際、2つのオフィスを毎月800万円で借りていたことがあり、従業員に裏切られてお金を持ち逃げされたこともあるそうです。

またマーケットも刻々と変わるので、一つの事で商売し続けるのは難しいです。例えば車でも、いつまでも変わらずガソリン車ということはありません。だからほとんどの人は、1人でビジネスを生み、1人で結果を出した方が圧倒的にリスクも少なく、スピードも速いのです。

人の能力自体に差はない。勝敗を分けるのは「どれだけ種をまき続け、失敗を積むか」。

頭が良いからお金持ちになれるかというと、そうでもありません。学歴のない人や、勉強などしてこなかったけれど、大企業を作りあげた人もいます。またトップYouTuberに、そこまで高学歴の人はいません。才能がなくて成功する人も、たくさんいます。

勝敗を分けるのは、失敗を恐れずに種をまき続けたかどうかです。一つの事で稼ぎ続けるのはとても難しいので、次に自分が活躍できるかもしれないことを小さく始めるのです。今やっていることがダメになった時のために、新しいことに種をまいておくことが重要です。

成功しないのは、頭が悪いからでも才能がないからでもなく、新しいものを見つけようとせず、やろうとしないからです。

person holding a green plant
Photo by Akil Mazumder on Pexels.com

10年後の自分を見据えているか?10年あれば、人は何者にでもなれる。

今の時代、副業禁止でもこっそり始めるくらいのしたたかさがないと、この先生きていけなくなります。この10年で世界は大きく変わりました。

家でゲームできるようになったのでゲームセンターはなくなり、スマホやYouTubeが出てきたことで新聞やテレビが苦境に立たされています。昔は安全だと思われていた産業が、崩れ落ちているのです。そしてこれから先、更に変化は加速していきます。

大企業でも会社がつぶれるということは十分にあり得ます。そうなった時に、他に何もできなければ、どうするのでしょうか。本当に安定したいのなら、小さくても良いから何かを始めておきましょう。副業禁止といっている会社も、永遠にあなたの面倒を見てくれるわけではないことを理解しておくべきです。

「一人突っ込み」を繰り返し、自説への反論・悪口・対抗記事を論破せよ。

皆やっているからとか、誰かに勧められたからやるのでは、成功は難しいです。なぜならそれは、思考停止状態だからです。

成功したければ、何かをやる前に「なぜそれがうまくいくのか」、自問自答するのが大切です。

この「なぜ」がなければ状況が悪くなった時に耐えられず、やめてしまいます。しばらく結果が出ないと、腹を据えて続けることが出来ません。また、「なぜ」が分かっていなければ、失敗したとしてもその理由すら分かりません。なぜうまくいかなかったのか分からない失敗は、意味のない失敗です。

handwritten sand dirty sign
Photo by Ann H on Pexels.com

1国に依存するのはリスクである。世界と取引できる人間になろう。

日本は少子高齢化により、医療費が増大し、社会保険等の負担がさらに増える可能性が高いです。これからの日本経済に、明るい兆しはありません。そのため、日本1国に依存するのはリスクです。

これから大きく成長したいと思っている方は、海外に目を向けるべきです。実際与沢さんは、タイ、ドバイ、フィリピン、シンガポール、マレーシア等に拠点を置き、ドバイに住んでいています。また中田敦彦さんはシンガポールに、ひろゆきさんはフランスに住んでいます。

今は翻訳したり調べたりすることも簡単なので、言葉は何とかなりますし、海外に住んでしまえば言葉の習得も早くなります。1つの選択として、海外に出ることも検討するべきです。

自分で自分を殺すな。空気を読みすぎる奴は負けだ。

YouTube等を見ても分かる通り、これからもっと個人が活躍時代になるでしょう。今は、個人が会社と同じような影響力をもって稼げる時代です。

こんな時代では、自分の情報を隠すのではなくぎりぎりまで公開することです。例えば与沢さんは、ダイエットの様子や出産後の写真までSNSに載せています。自分の情報を恥ずかしげもなくどこまで開示できるのかが、今後応援される人のセンターピンになります。

もちろん100%開示する必要はありませんが、ぎりぎりまで開示する方が得です。ネットでカッコつけず、失敗も成功も全て1つのネタとして公開する人が、応援されやすいのです。

pexels-photo-5941591.jpeg
Photo by Eva Elijas on Pexels.com

・・・・・・・・

本書に興味を持っていただいた方、詳細は『ブチ抜く力』をご参照ください。

☆関連記事

人脈は、お金を奪っていく「負債」となる。『お金の真理』

年収1億円を稼ぐ、マナブ流圧倒的に継続するための極意。『億を稼ぐ積み上げ力』

これからのテクノロジーの進化と、年金問題について。『2040年の未来予測』

未来を考えるための今の話。『ひろゆきのシン・未来予測』①

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。