自分軸で生きる ~風の時代の生き方~

Pocket

今、地の時代から風の時代へ、時代が大きく変わってきています。

地の時代は、お金や物質、容姿等、目に見えるものに価値があるとされていた時代であり、風の時代は、愛や精神性、叡智、人との関わり等、目に見えないものの価値が優勢になってくる時代です。今、価値観が全く新しい方向へ、変わってきています。

風の時代では、旧来のシステムや価値観、考え方、やり方では太刀打ちできません。今までの自分の古い概念、考え方、生き方、方法は、これからの時代マッチしないのです。いつまでも地の時代の価値観に引っ張られていると、風の時代ではなんだかしんどい、生きづらいといった感覚になるかもしれません。できるだけ身軽になって、風のように軽やかに生きたいものです。そのためにはどうすれば良いのでしょうか。

その方法は、「自分軸で生きること」です。自分軸で生きることにより、楽になり、幸せに満ちた気持ちで過ごすこと、自分の望む道を歩むことが出来ます。

  • 自分軸とは
  • 自分軸を決める基盤
  • 自分軸で生きるメリット
  • 自分軸で生きないデメリット
  • 自分のビジョンを描く

自分軸とは

自分軸とは、自分はどうありたいかを基準にした考え方や生き方のことです。自分の気持ちや意思を大事にする在り方です。

自分は、どんなことが好きなのか、どんなことにワクワクするのか、どんなことに幸せを感じるのか、どんなことがしっくりくるのか。全ての物事を自分視点で、自分の心で考えるあり方です。

「◎◎が流行っている」といっても、自分にしっくりくるものが△△であれば、周りに合わせるのではなく自分の価値観で決めるということです。

自分軸の反対は、他人軸です。他人軸とは、社会や他人の目を基準にした考え方や生き方のことです。

「親が勧めるから〇〇に行く」等は、他人の視点に沿った行動であり、世間や周囲の人によってコロコロ変わる、自分軸のない生き方です。

自分軸で生きるということは、周囲に同調する生き方をやめ、自分と一致した生き方をするということです。そうすることで、自分らしい道が歩めます。

nature blue meadow plant
Photo by Pixabay on Pexels.com

自分軸を決める基盤

あなたはどんな仕事がしたいですか?どんな人々に囲まれていたいですか?どんな風に行きたいですか?どんな人になりたいですか?

これらがはっきりしていればいるほど、自分らしい人生を歩むことが出来ます。貴方が大切に思っていること、心から好きなこと、得意なこと、自分の価値観をはっきりさせることが大切です。

これらを基盤に自分軸を決め、未来の理想像をイメージして下さい。そこにフォーカスして、自分の望む方向に意識を向けて毎日過ごすのです。

自分の価値観を大事にして、意識を高めて過ごしていると、色々なことが浮き彫りになってきます。

例えば、あの人との付き合いは控えた方が良いのだろうといった感覚が芽生えたりします。この時の感覚を大切にして、余計なものは思い切って断捨離してみましょう。そうすることで、新しい自分の在り方がクリアになっていきます。

自分軸で生きるメリット

自分軸で生きると、自分の才能が開花する可能性が大きくなります

自分が好きで好きでたまらないから続けている仕事だったら、情熱を持ち続けることが出来ますよね。そうしてやり続けるうちに、本来の自分らしさが蘇ってきて、益々個性が輝き、色々な才能が開花していきます。

「自分はこの仕事に幸せを感じる」といった自分軸で日々仕事に邁進していると、他人の業績、数字、ノルマには左右されません。これが、素晴らしい結果や評価を生むことにもつながるのです。

心がひかれるまま、自分軸に従って行動していくことで、自分に一致することになり、大きなエネルギーが下りてきます。自分の心も、喜びと幸せで満たされます。その愛に溢れたエネルギーは循環し、巡り巡って自分に返ってくるようになっているのです。

selective focus photography of blue petaled flowers
Photo by Ithalu Dominguez on Pexels.com

自分軸で生きないデメリット

自分軸で生きない、つまり他人軸で生きていると、様々な不協和音が生じることがあります。一番のデメリットはストレスが生まれることでしょう。

周囲の目を気にし、周囲に合わせて生活していると、「自分」を忘れてしまいます。辛い思いをすることが多くなります。体調がすぐれなかったり、病気になったりするのは、自分軸から外れた生き方をしているサインです。

しかし、自分軸で生きるのは勇気がいることだと思います。特に、組織や団体に所属していると、簡単ではないでしょう。

例えば、上司に「今日飲みに行かないか」と誘われたら、断りづらいかもしれません。「変わった人だ」と思われたら嫌だという恐れ等から、自分の本当の気持ちを隠して、「はい」と言ってしまいがちです。恐れ、不安を手放すことが大切です。自分の本当の気持ちやしたい行動に抵抗していると、ストレスが生まれるからです。

どんな状況でも自分軸を忘れず、まず自分の心に聞いてみましょう。今、自分は本当にこれがしたいのか。勇気を出して、自分と一致させることが何よりも大切です。徐々にでも、出来るようになるようにチャレンジしましょう。

自分のビジョンを描く

風の時代は、貴方の望む最高のシナリオが展開する時代です。今まで動かなかったシナリオも動き始めます。

少し頑張れば手の届きそうな目標から、史上最高の夢まで、自分のビジョンを描いてみましょう。憧れの人をイメージしても良いです

この時、「どうせ無理」等と考えないようにしましょう。「私には出来る」、「私もあんなふうになるのだ」と思い、その意識を高め、自分軸からぶれずに進むことです。そして、他人の目を気にしないことです。

これが、最高の未来に到達する最も有効で最短の道なのです。

宇宙にある波動のエネルギーや生命体の感情のエネルギーは、絶えず移ろっています。その中で、価値観や意識が変わることもあります。貴方の望むことが変わることもあるでしょう。その場合は変えればいいのです。

blue eye of crop woman
Photo by Angela Roma on Pexels.com

・・・・・・・・

参考文献は、本田健、並木良和著『風の時代を幸せに生き抜く方法』です。

☆関連記事

『仕事も人間関係もうまくいく放っておく力―もっと「ドライ」でいい、99の理由』

億万長者は、SNSはほぼ見ない。『その後のとなりの億万長者』

男性が手放さない、成熟度の高い最高にいい女性の特徴6つ

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。