結婚することの意味とは

Pocket

結婚することの意味、一言でいうと「愛を育むこと」に尽きると思います。

どんなことがあってもこの人と添い遂げるのだという覚悟をもち、思いやりをもち、支え合い、共に成長することを目指すことだと思います。

愛とは自然に育つものではありません。果てしない努力が必要です。

お見合いの場合は、全く知らない者同士が「条件」で相手を選ぶので、そこに恋心は芽生えにくいです。でも、それで結婚していいのです。

多くの人は、「恋愛」をして結婚に進みたいと言います。それが理想なのだと。しかし、恋愛をしたから結婚するのではありません。

恋愛結婚の場合でも、愛は育っていない場合がほとんどです。恋愛中にいくら、「あなたを愛している」と言っていたとしても、それはほとんどの場合、嘘、勘違いです。

恋愛と愛は別物です。全く次元が違います。

例えば、恋をした相手が事故に巻き込まれて半身不随になり、看病が必要になった場合、それでも結婚しますか?妊娠できない体であることが分かっても、結婚しますか?

結婚しない、別れるという選択をすることがほとんどだと思います。

婚活、お見合いの場合は最初から「条件」で相手を選ぶので、不利な「条件」が見つかったら結婚しないというのは、理論的に納得いきますね。でも、恋愛の場合も結局同じなのです。

恋は落ちるものなので、そこに努力は必要ありません。一方、愛は努力をしないと育ちません。

だから恋愛をして、相手を愛していると思っていても、大抵は勘違いであって、本当の愛は育っていません。愛があれば、例え相手が半身不随でも、妊娠できない体でも、別れません。

愛は、そんな一朝一夕で簡単に生まれるものではありません。

ものすごい努力と、ものすごい長い時間をかけて、お互いがお互いを思いやって育んでいくものです。愛とは、思いやりです。

もし、ただ恋をしたいだけのであれば、結婚は考えず、一生独身で恋愛し続けた方が、むしろ健全でいいと思います。なぜなら結婚をすると、恋愛を楽しむことはなかなか難しいからです。

結婚すると、相手のだらしないところを見ることになります。子供が出来るとお洒落する余裕もなくなります。日々が現実、日々が生活です。

でも、愛を育んだ先に大きな幸せがあると、私は信じています。そしてそうしてこそ、人生を全うしたと思えるのではないかと思っています。

close up photo of gold wedding rings
Photo by Glauber Torquato on Pexels.com

・・・・・・・・

☆関連記事

愛を経験する。愛する能力を高めるポイント。『愛するということ』

愛は技術である。人間の存在理由は、愛。『愛するということ』

ようこそ、結婚という現実へ。『愛を伝える5つの方法』

愛とは。結婚とは。自由の表明について。『神との対話 3』

知っておきたい男性と女性の違い 。『この人と結婚していいの?』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。