人が本性をあらわす瞬間

Pocket

人はどのような時に本性を現すのでしょうか。

どれだけ普段良い人だったとしても、ふとした瞬間に違和感や不信感、恐怖を感じるのであれば、その人は良い人じゃないかもしれません。

なぜなら人間は、自分の中に元々ないものが外に出てくることはないからです。

今回は、人が本性を現す瞬間を7つご紹介します。

怒った時

人に対する怒り方で、その人の本性が現れます。

人格否定や罵詈雑言が怒った時に入るのは、普段そう思っていたことが出てしまったという証拠でもあります。つまり、その相手のことを普段から見下していたりとか、馬鹿にしたりしている部分があるから、怒った時に漏れてしまったということです。

ただし、中には思っていないことを怒りに任せてぶつけるというケースもあります。その場合は、勝てない相手に対するマウント取りや八つ当たりです。何とかして相手に勝とうとして、相手を傷つけるような発言をわざと選んでしまいます。

八つ当たりのような怒り方をする人は、感情のコントロールが出来ないことが原因であることも良くあります。誰かに気持ちを理解してもらえた経験が少ない人ほど、色々なことをため込んでしまうのです。その結果、気に入らないこと、イライラすることがあると感情が爆発してしまいます。

pexels-photo-987585.jpeg
Photo by freestocks.org on Pexels.com

調子に乗った時

権力を手にした時、人は分かりやすく本性が出ます。

権力を持った時に、人を見下す、偉そうにする、馬鹿にする等の態度をとる人は、元々そうしたかったけれど権力がなかったからできなかっただけです。権力を持ったことで何でも許されると勘違いをしてしまったのです。

例えば店員さんに対する態度が雑な人も、調子に乗った自分が本性として出ているということです。客の方が偉いという権力の振りかざしです。

このような人は、自分より上の人間に対しても本性を出すことが多いです。つまり、媚びる、急におとなしくなる等が、態度として現れます。

trendy woman standing near contemporary glass skyscrapers
Photo by Анна Хазова on Pexels.com

運転中

いつもは優しい人が、運転中に人が変わるようなことがあるのは、普段からそれだけ我慢しているという証拠でもあります。普段の反動で、攻撃的な人格が出てしまうということです。

人間は、自分の中に元々ないものが外に出てくるということはありません。

やたらスピードを出したがる人は、スリル好きということも良くあります。常人が躊躇するようなスリルを好む傾向があります。だからスピードを出します。

泥酔時

普段から我慢していることが多かったり、家庭環境に問題があった人ほど、おかしな酔い方になります。

悪酔いをして暴言をはいたり、攻撃的になったりする人ほど、抑圧された何かを抱えていることが良くあります。

このような人は、酔ったら周りが全員敵のように見え、気に入らないことばかりに目が行くので言葉が荒れます。

three cocktail drinks
Photo by Prem Pal Singh Tanwar on Pexels.com

危機的状況の時

身の危険を感じた時、人の本性が出ます。

例えば、普段偉そうにしている人が、ガラの悪い人に絡まれてビビる、未曽有の危機的状況に遭遇した時に、自分だけ助かろうと人を押しのけて逃げようとする人がいます。

また、想定外のアクシデントに見舞われた時も本性が出やすいです。

例えば、旅行中にパスポートをなくしたり、道に迷ったりしたときに、焦って取り乱したり、周りに怒ったりする人がいます。

現在のコロナ禍でも人の本性が出やすい時期と言えます。

コロナウイルスで離婚する夫婦が一時期「コロナ離婚」ということで話題になりましたが、元々ダメだった関係がコロナによって明るみになったというだけの話です。

broken car
Photo by Dominika Kwiatkowska on Pexels.com

近しい人といる時

最も分かりやすいのが、身内の人間に対する態度です。母親や兄弟など、近しい人間に対する態度で、本性が出ることは良くあります。

親子仲が悪いというわけでもないのに、母親、兄弟姉妹に対する扱いがひどいのは、それだけその相手に甘えているという証拠でもあります。もしくは、どうでも良いと思っているからそうできるということです。

相手がこちらに対して甘えの気持ちやどうでも良さを感じたら、同じ扱いになるかもしれません。

別れる時

カップルが別れる、友人と絶交する等、誰かと離れる時に、人は本性を現します。

どれだけそれまでに良い関係だったとしても、別れ方ひとつで台無しにしてしまう人がいます。

例えば、別れる時に相手のことを面と向かってボロカスに言って、ボロカスに言った後陰で悪口を言いふらす等があったら、それは元々その相手が性格が悪かったりとか、人間性に難があったりしたのが明るみになっただけです。

他にも、カップル間で音信不通になって自然消滅になるというケースもありますが、これはその相手に元々逃げ癖があって、都合の悪いことに向き合えないという人だったのが、その最後に証明されただけです。逃げ癖がある人間の向き合わなさを、侮ってはいけません。

green plant on white ceramic floor tiles
Photo by Anastasia Shuraeva on Pexels.com

・・・・・・・・

☆関連記事

知らないうちに嫌われる人。誰からも嫌われたくないと思っている人ほど嫌われる。

なぜ「女の敵は女」なのか。『女子の人間関係』

やってはいけない、人生がどんどん悪化していく人の特徴

人間関係に、悩む必要はない。『ふりまわされない。』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。