幸せになるたった一つの習慣

Pocket

このたった1つさえ、本当に意味が分かり、日々実践をしていれば、夢や望みは叶い、幸せを感じることが出来ます。

良い状態のときは誰でもできるのですが、そうではない状態の時でもこれが出来るようになると、人生が変わっていきます。これは、自分の考え方の癖でありコツなので、これを習慣化すると、夢や望みにはかなり近づきます。

そのたった1つのこととは・・・感謝です。

なんだそんなことか・・と思うか、感謝は深い、やはりそれだなと思うかは人それぞれだと思いますが、結局本当にこれだと思います。極端な話、感謝だけで夢や望みは叶うと思います。

人間なので、同じような気持ちで感謝をし続けるのは難しいです。実際、「感謝することは大事だ」と聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にそれが本当に出来ている人は少ないです。

感謝とは、究極の夢や望みのイメージングです。夢や望みをかなえていく時は、それが叶った時の状況をリアルにイメージする、想像することが大事だということは良く言われています。その時、本当に叶ってしまった時、どういう状態になるでしょうか。

「やった!」と喜んだ後に、自然と感謝の気持ちが湧いてくるはずです。

「本当にありがたい」、「神様ありがとう」と言う感じに。普段神様を信仰しているわけではなくても、この世のありとあらゆることに、「本当にありがとうございます」と言う気持ちになると思います。

なぜそういう気持ちになるかというと、何かのタイミングや、人のめぐりあわせ、ありがたいラッキーなこと、自分自身の努力等、色々なことが重なって、あるとき成就し、形になるからです。

つまり感謝をするということは、その夢や望みが叶っていく、一番最後に本当にリアルにそれが叶った時の究極のイメージングなのです。

逆に言うと、イメージングをしていて、最後感動で涙が出てきたというというところまでイメージできてしまっていると、大体その夢や望みは叶います。そのイメージングはとてもうまくいっているからです。

今のこの日常から、感謝と同じような波動になり続けているということは、夢や望みをかなえていく時に非常に必要なことです。

今の自分に感謝出来ることはないと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。感謝を日常的にしている人は、別に何か特別なこと、ありがたいことがあったから感謝をするのではありません。日常のレベルから感謝しているのです。

例えば、

  • 今日も寝られる布団があってよかった、ありがとう
  • 屋根があるところで寝られて良かった、ありがとう
  • 今日も元気に起きることが出来て本当に良かった、ありがとう
  • 今日も美味しいものが食べられてよかった、ありがとう
  • 水道から綺麗な水が出てきてよかった、ありがとう 等々

日常の些細な事柄でも、意識してみると、感謝するべきことがたくさんあることが分かると思います。悩み事を考えられることでさえ、あなたが今生きているから出来るのです。実験だと思って、その瞬間瞬間、意識を向けてみるのです。

少しやってみただけで、自分がどれだけ恵まれているのか、ありがたい状態なのかということに気づくのではないでしょうか。

これを何日かやってみると、日常の中で小さな良いことが起こり始めます。

例えば、ホームに入った瞬間に電車が来たとか、欲しいと思っていたものが最後の1つだけ残っていて手に入ったとか、欲しいと思っていたものを人からもらったとか・・・このような小さな良いことが起こります。この小さなことにも感謝すると、どんどん大きな事柄になっていって貴方の生活やプライベートが変わっていきます。

そしてそれを繰り返していると、あなたの夢や望みが実現していきます。

またちょっとした過去の良かったことを、いつまでも思い出して喜び続けてください。「〇〇年前のあれ、本当に素晴らしかった」という具合に。

脳は、過去に起きたことなのか、今起きていることなのか、未来に起こることなのかという時間の感覚がないので、喜んでいると、喜ぶべきことが目の前の自分に引き寄せられてきます。つまり、未来に起こることが変わるのです。

感謝をすることは、誰でもいつでもどこでも出来ます。今この瞬間から始めることが出来ます。感謝をすると、波動が変わるので、益々感謝しやすい状態になっていきます。

fork and knife in paper cover with inscription
Photo by Monstera on Pexels.com

・・・・・・・・

私は、30代前半、約7年ぐらい前から、毎日「幸せだな」と言って、ベッドから目が覚めるところから一日がスタートするようになりました。ふとした瞬間にもよく、「幸せだな」「恵まれているな」「ありがたいな」と思って、口に出して言っています。

そうしようと思って意識して始めたというより、あらゆることが上手くいかなかった時期を経て、それまで自分の周りに当たり前にあった物事、出来たことが、実は当たり前ではなかったことに気づいたからです。

それに気づいてから、どんな些細なことでも、ありがたいと思うようになりました。自然に感謝が溢れてくる状態になりました。そのためか、日常的に、感謝するべきことばかりがおこります。

もちろん、全く悩みがないとか、もっとこうしたいと思うことがないかと言うと、そういうわけではありません。でも、より良い未来を志向しつつも、今の私に必要なもの、欲しいものは全てここにあります。

実は先週コロナに感染して、高熱だったり、頭痛だったり、関節痛だったり、咳がひどかったり、下痢とセットで胃のあたりのムカつきがあったりで、久々に1週間くらいずっとなんだか調子が良くない状態が続いていました。健康であることは、当たり前ではないのですよね。

感謝するべきことは、誰の周りにも、そこら中にたくさんあるはずです。それに意識を向けると、幸せになると思います。

flat lay photography of vegetable salad on plate
Photo by Ella Olsson on Pexels.com

・・・・・・・・

☆関連記事

「幸せになる方法」では幸せにならない。『幸せなことしか起こらなくなる48の魔法』

お金と幸せの関係

幸せになれる脳の使い方。『科学的に幸せになれる脳磨き』

幸せだから成功する。『幸福優位7つの法則』

想像したことは全部作り出すことが出来る。『準備が整った人に、奇跡はやってくる』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。