これからのテクノロジーの進化と、年金問題について。『2040年の未来予測』

Pocket

10年前はウーバーイーツ、Netflix等もなかった時代。スマホが出来て、この10年で世界は大きく変わりました。では今から約20年後の2040年にはどのようになっているでしょうか。

世界が20年後どうなっているのかを知ることによって、チャンスをつかむことが出来、リスクを回避することが出来ます。

成毛 眞著『2040年の未来予測』を、次の2つのテーマでご紹介します。

  • これからのテクノロジーの進化について、
  • 年金はどうなっているのか

これからのテクノロジーの進化について

スマホが出来て約10年が経ちました。今ではなくてはならないものです。 ウーバーイーツで食事の配達を頼んだり、Netflixでドラマや映画を見たり、Google mapで目的地に行くことも、Apple musicで好きなだけ音楽を聴くことも、アプリでタクシーを呼ぶことも、家に居ながらショッピングは何でも出来ます。 これらは、10年前には想像できなかったことばかりだったと思います。これからの10年も大きく変わってきましたが、今後20年も大きく変わります。

2030年には6Gが誕生します。これにより、2時間の映画を0.5秒でダウンロードできるようになります。自動運転も当たり前になり、車が空を飛ぶようになります。ドローンで空からの荷物の配送も当たり前になります。部屋の中のあらゆるものが自動になります。カーテンも自動で開き、明かりも自動でつき、料理も勝手に作られるようになります。冷蔵庫は、食事のメニュー提案・健康管理までしてくれるようになります。Amazon Alexaには10万もの機能が搭載されます。ショッピングも、ファッションアドバイスも、してくれるようになります。

2010年には、インターネットにつながった機器は125億台(一人当たり2台)でした。2020年は500億台です。2040年には10兆台 (一人当たり1,000台) になると予測されています。家の中にあるほぼすべてのものがインターネットにつながった状態になるということです。

アメリカには、レジなしのコンビニ、Amazon goが現在約20店舗あります。スマホアプリで入店し、買った商品を自動で判別され、そのまま出られます。買った商品は、登録したクレジットカードで決済されます。Amazonはその仕組を、他の小売店に売り込んでいます。

日本でもローソンが、2020年にこれと同様の仕組の実験店舗を始めています。この仕組みが広まり、2040年にはコンビニ、店舗が無人になります。日本では2040年には働ける人が約6,000万人、今から数百万人の減少が予測されていますので、こういったテクノロジーが人手が足りない部分を補うようになります。

人は、新しいテクノロジーをすぐには受け入れなかった歴史があります。19世紀に自動車やカメラが、20世紀に飛行機、映画、テレビゲームが発明されたとき、多くの人がそんなものは流行らないという反応を示しました。新しいものを受け入れるかどうか、進化に取り残されないかどうかは貴方次第です。

long exposure photography white dome building interior
Photo by gdtography on Pexels.com

2040年、年金はどうなっているのか

これからの日本は、ますます貧しくなります。今日本には多くの観光客が来ますが、これは日本の観光キャンペーンが上手なわけではなく、自分の国で物を買うより、日本で物を買った方が安いからです。日本は物価が上がっておらず成長していません。その原因は、人口減少、労働者減少等があります。

2050年には3人に1人が65歳以上になります。人口が減れば、GDPも減ります。今後40年で、日本のGDPは25%減少することが予測されています。

また高齢化の問題もあります。1950年生まれの男性の35%、女性の60%は寿命が90歳です。1990年生まれの女性の2割は100歳まで生きます。現在65歳以上の7人に1人が認知症と言われています。高齢化により、2035年には4人に1人が認知症になります。高齢化が進み、年金所得しかない人が増える中、一人当たりの医療費は1.5倍以上にも上昇すると考えられています。介護士が夜までついてくれる老人ホームには、月35万円支払えないと入居できません。そんな状況の中、貴方が受給できる年金はどれくらいになるでしょうか。

日本では5年に1度年金制度の検証が行われ、所得代替率が計算されます。所得代替率とは、年金が現役世代の平均月収の何%かということ。2019年度の所得代替率は61.7%でした。これを前提とすると、夫婦合計22万円の年金を受け取れることになります。なお、2040年の所得代替率は54.3%と予測されています。最低のシナリオでは、2052年の所得代替率は38%です。この場合、夫婦合計で受け取れる年金は、約14万円です。

そんな中、今と同じレベルの年金を受給しようと思った場合、取れる方法は2つあります。

1.長く働いて、需給時期を遅らせる

現行制度では、年金の受給を1か月はやめるごとに0.5%減らされる一方、需給を1か月遅くするごとに0.7%増えます。70歳受給開始にすると、1か月あたりに受け取れる年金は65歳に受給開始する場合と比べ、42%(=0.7%×60ヶ月)増加します。

2.iDeCo、つみたてNISAをする

今のうちから自分で私的年金を積み立てておきましょう。世界株式、S&P500等のインデックスファンドを、長期にわたって積立てるのが良いです。

年金だけでなく退職金も下がっています。1997年には退職金平均額は3,023万円でしたが、2017年には1,997万円に減っています。公的年金だけでなく、私的年金を作る必要があります。

photo of cannabis on top of one hundred dollar bill
Photo by Kindel Media on Pexels.com

・・・・・・・・

テクノロジーの進化は夢のようですね。今からとても楽しみです。

年金問題は、今の日本の人口トレンドを見ると将来大変なことになるのは明らかなので、自分で事前に学んで、高齢になってから困らないようにしっかり蓄えを準備することが大切です。

老後の心配は、主にお金と健康でしょうね。運動習慣をつけ(脳を若く保つためにも!)、お金について正しい知識を身に付けてコツコツ時間をかけて地道に貯めていきましょう。出来ることから少しずつ始めるのが大切です。少しずつでも行動していけば、時間がたてば、何もしないのとは比べ物にならないくらいの大きな差になるはずです。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『2040年の未来予測』 をご参照ください。

☆関連記事

赤字の事業所得で節税する。『無税入門』

老後に気を付けるべきこと。『「貧乏老後」に泣く人、「安心老後」で笑う人』

積立投資+個別株投資で投資を楽しむ。『年率10%を達成する!プロの「株」勉強法』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。