意識レベルとは。『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』

Pocket

デヴィッド・R. ホーキンズ 著『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』は、その人のスピリチュアルレベルや、どのくらい悟りを開いているかなどを初めて数値で表した本です。キネシオロジーテストという筋肉の反応テストで、スピリチュアルレベルを科学的に測れることを、筆者は発見しました。

この本には、ある感情や物事がレベル1から1,000までの、どのスピリチュアルレベルなのか、より高いレベルに近づくためにはどうすれば良いのか、ということが書かれています

この本を読むと、自分の意識レベルが分かり、いかに生きるべきかが見えてきます。また、あらゆる出来事に対して自分にとってプラスかマイナスかを判断できるようになります。この本から10のポイントでご紹介します。

  • 意識レベルとは
  • 意識レベル200が分岐点
  • 意識レベル200未満の状態
  • 勇気のレベル(200)
  • 中立のレベル(250)
  • 意欲のレベル(310)
  • 受容のレベル(350)
  • 愛のレベル(500)
  • 喜びのレベル(540)
  • 悟りのレベル(700~1,000)

意識レベルとは

意識レベルとは、精神レベルのようなもので、ホーキンズ博士が編み出した、万物を対象とした、それが持つスピリチュアル性を測る物差しのことです。意識レベルとは、どれだけ悟りを開いているかを数値で表したものです。

意識レベルはレベル1から1,000まであります。レベル1が最もネガティブな状態、レベル1,000が最もポジティブな状態です。レベル1は社会に悪影響しか及ぼさない人で、レベル1,000は社会に良い影響しか与えない人です。

筆者はキネシオロジー筋肉反射テストを使って、1から1,000までの数値を測定しました。キネシオロジーテストとは、人間の筋肉反射の強さを測定することによって、その出来事がその人にとってポジティブな影響があるのか、ネガティブな影響があるのかを測定することです。

不安に思うことを考えると筋肉は弱く反応しますが、ハッピーなことを考えると筋肉は強く反応します。つまり、物事に対しての筋肉の反応を測定することで、その人にとってプラスに働くかマイナスに働くかが分かります。

不安や恐れなどの感情を持っていると、生物としてのエネルギーレベルが下がります。反対に自信にみなぎっている状態だと、生物としてのエネルギーレベルが高くなります。

この株に投資するべきか否かや、このビジネスを本当にやるべきかどうか、この男性とデートに行くべきかどうかなども、この筋反射テストで分かります。ある思考や行動がどれくらいポジティブな影響を与えるかを数値で表せるということです。

water droplets on green leaf plant
Photo by Sofie Vanborm on Pexels.com

意識レベル200が分岐点

重要な分岐点は、意識レベル200のラインです。意識レベル200未満はネガティブな状態(=フォース)、意識レベル200以上がポジティブな状態(=パワー)です。

フォースとは、恐怖や欲望、怒りなどのネガティブなエネルギーを指します。一方パワーとは、勇気や意欲、愛などのポジティブなエネルギーを指します。

意識レベル200未満では、個人レベル・社会レベルでエネルギー状態がネガティブであり、争いや奪い合いというような破壊に向かっていく状態です。意識レベル200以上では、 個人レベル・社会レベルでエネルギー状態がポジティブであり、よりよくなろうと、変わり続ける勇気・意欲があり、繁栄に向かっていく状態です。

つまり、自分がハッピーな状態で周囲の人にもハッピーを与えているなら意識レベルは200を上回ります。一方誰かを批判したり、不安になったり、イライラした瞬間、意識レベルは200を下回ります。

意識レベル200以上の状態をキープすることが、社会に貢献するのに必須です。ハッピーに生きて、世の中に迷惑をかけたくないなら、200以上にメンタルを保たなければなりません。自分が200以上のレベルであれば、何をしていても、かかわる人全員に、ポジティブな良い影響を与えていきます。何か特別にボランティアなどをしなくても、生きているだけで世の中にいい影響を与えます。常に200以上を保てば、パワースポットのような存在になれます。

意識レベル200未満の状態

一番低いエネルギーレベルが、20の「恥」です。死に最も近く、生物としての活力がほぼ0で、自殺が選ばれたりしやすい状態です。

レベルを順に並べると、①恥(20)、②罪悪感、③無感動、④悲しみ、⑤恐怖、⑥欲望、⑦怒り、⑧プライド(175)です。

このうち⑥欲望とは、富、権力、名声等を得ることを考えている状態です。欲望ばかり考えていては意識レベル200を超えられませんが、自分の内面がハッピーな状態で周りのハッピーも考えての欲望であれば意識レベルは200を超えます。その人自身が、どのような内面状態で欲を考えているかが重要です。

もうひとつ、⑧プライドの状態が意識レベル200未満であるのは、プライドとは優越感であり、外部の状況によって左右される、受動的で傷つきやすいものだからです。プライドの状態にある人は、感情的な問題や性格の欠陥を認めず、否認してしまいます。そのため成長出来ません。

勇気のレベル(200)

意識レベル200以上の状態は、生命力を強くする方向に動くので、筋肉が強く反応します。

意識レベル200は勇気の状態で、この状態にいる人は、探求心や決断力があり、物事を達成する傾向にあります。人生は面白く挑戦的であり、刺激的なものに見えるので、変化を好み、人生に対して意欲的です。楽しく充実した日々を生きていれば、このレベルは超えることが多いです。

このレベルから、社会に対しても常にいい影響を与えるので、周りも意識レベルが高まっていき、プラスの相乗効果が始まります。

closeup photo of sprout
Photo by PhotoMIX Company on Pexels.com

中立のレベル(250)

中立のレベル以下では、物事を2つに分けてみる傾向があります。しかし、レベルが上がると物事を白黒で分けない中立の視点を持つようになります。

このレベルに達すると、とても柔軟性があり、どんな時でも批判的な態度にはほぼなりません。物事を俯瞰して見ることが出来るので、公正な判断を下せるようになります。

またこのレベルの人は、結果にあまりこだわらなくなります。自分の思い通りにならないことに対する恐れや苛立ちを、ほぼ経験しなくなります。例えば、今の仕事がピンチになったら、別の仕事でも探そうかなと考えることが出来る状態です。

中立の意識は、内なる自信の始まりと言えます。この状態は、自分の外部、つまりいくら稼いでいるかや、どんな地位についているかなどに、自分の自信の根拠を持っておらず、承認欲求もありません。自分の自信の根拠が、自分の内面にあります。

この状態では、職を失おうが、財産を失おうが動じません。外部のものを失っても、自分は自分として今まで通り存在しているからです。このレベルの人は、常にハッピーな状態にいます。この世で生きている自信がみなぎっています。他人の「自由」も、自分の「自由」もとても大事にします。だから、このレベルの人をコントロールすることは難しいです。

意欲のレベル(310)

意欲とは、人生に対する態度が、どんな時でも前向きであることです。急速に成長しだすのが、このレベルです。なぜなら、このレベルの人は、周りから求められて成長するからです。

意識レベルが200未満の人は、「閉鎖的」な傾向がありますが、このレベルになると、誰にでも好意をもって接する人間になります。それにより、社会的にも経済的にも成功する可能性がぐんと上がります。

またこのレベルの人は、自尊心が高いです。しかし、レベル200未満の人が持っているようなプライドは持っていません。自分の欠点を良く知っており、それを堂々と公言することが出来ます。また、他者から学ぶ謙虚さを常に持っています。

受容のレベル(350)

このレベルの大きな特徴は、世界は自分の主観であるという意識が芽生えることです。つまり、スピリチュアルな意識や、引き寄せの法則、仏陀の教えなどをきちんと信仰しており、実践しているレベルです。

受容している人は、「全ては自分のせい」という自己責任の原則で生きるようになります。人生は自分が作り上げているということを理解しているレベルです。このレベルから、宇宙や生命と調和して生きることが出来るようになります。ハッピーな人生かどうかは、自分が物事をどう考えるかが全てです。この気づきを得られるかどうかで、意識レベルが大きく飛躍するかどうかが決まります。世界は自分の主観という気付きが得られれば貴方は偉大なパワーを手にすることになります。

この受容レベルにいる人は、人生をあるがままに受け入れます。いちいち余計な判断をしません。正しいか間違っているかを決めることに関心はなく、問題の解決に全力を尽くします。

またこのレベルにいる人は、二極化して考えません。自分と立場が違う人のことも、同じように理解して、思いやりをもって接します。つまりどちらの極も必要なもので、2つに分けるのではなく、1つのものとみなします。「ワンネス」の考え方をします。

green leaf shallow focus photography
Photo by Mwabonje on Pexels.com

愛のレベル(500)

一般的に言われている愛は、条件付きで所有欲やコントロール、性欲などが関係した激しい感情のことを言いますが、このような愛は、憎しみに一変することが良くあります。

これに対して、ここでいう愛とは無条件で永久的です。愛の源が、外部要因に依存しているわけではなので、ころっと憎しみに変わることもありません。穏やかで平和な感情です。愛があるとは、世界に対し許し、励まし、ハッピーを与えるサポート的な在り方です。

一般的な愛は、相手の意識レベルを下げることも多いですが、ここでいうスピリチュアルな愛は相手の意識レベルを大きく上げます。一般的な愛が相手の意識レベルを下げることが多いのは、相手の自由を奪おうとするからです。組織であれ、人間関係であれ、相手の自由を奪おうとするところに愛はありません。その反対に、スピリチュアルな愛は、相手に自由や自立を与えます。

これは、アゲマンやアゲチンにもかかわってきます。アゲマンやアゲチンと付き合うと、運気が上がります。なぜなら彼ら彼女らは、パートナーがより自分らしく人生を満喫できるようにサポートするからです。そのままのその人らしさを愛しているから、何かの発言や行動がきっかけでパートナーとして信用できなくなるということがあまりなく、永続的な関係になりやすい特徴があります。

愛の人はどんな境界も設けないので、たやすく他と一つになることが出来ます。

喜びのレベル(540)

愛がどんどん無条件になるにつれて、貴方の内側から喜びがあふれ出てきます。毎日、常に喜びにあふれ、ハッピーな状態です。一瞬一瞬の、全てが神との出会いになります。このレベルは、高度なスピリチュアル探究者や、ヒーラーなどのレベルです。

このレベルの、今までのレベルとの違いは、他者に大きな影響を与えだすということです。相手の意識レベルを強烈に引き上げることが出来るレベルです。このレベルに達した人は、長時間相手の目をじっと見つめることで、人々を愛と平和の意識に導くことが出来ます。

このレベルの人は、全てのことにシンクロニシティを見出せるようになります。つまり、どんなことが起こっても、完璧なタイミングで物事は進んでいるように感じられます。全てが完全に調和しており、完璧な世界だというのを理解した状態です。世界とその全てが、愛と神性の表現であることが分かってきます。

このレベルの特徴として、臨死体験があげられます。臨死体験をしたことがある人は、意識レベルが540以上になり、意識が変容することが良くあります。

悟りのレベル(700~1,000)

このレベルは悟りの状態で、二元性が全く存在せず、完全なワンネスの状態です。私というエゴは存在せず、自分という存在の運命にも全く関心を持ちません。

レベル700とは、ガンジー、マザーテレサ等。レベル1,000とは、クリシュナ、仏陀、イエス・キリスト等です。

worms eyeview of green trees
Photo by Felix Mittermeier on Pexels.com

・・・・・・・・

ここにあげた意識レベルというのは確かに存在していて、意識レベルが上がるにつれて自分の内側に幸せを感じられるようになります。悟りレベルはなかなか難しいと思いますが、まずは意識レベル200以上を目指してみると良いと思います。このレベルを超えることで、人生は良い方向に進んでいき、何か特別なことをしなくても社会に貢献できるようになります。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『 パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学 』 をご参照ください。

☆関連記事

本当の成功とは。成功への3段階。『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』

老化は治療できる。『LIFESPAN―老いなき世界』

意識への旅。『世界のエリートが実践する 心を磨く11のレッスン』

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。