【株の知識⑩】『貯金40万円が株式投資で4億円』

Pocket

貯金40万円が株式投資で4億円――元手を1000倍に増やしたボクの投資術』の著者かぶ1000さんは、バリュー投資を得意とする、投資歴30年以上のベテラン投資家です。

本書を、次の5つのポイントでご紹介します。

  • バリュー投資とは
  • 2種類のバリュー投資
  • 資産バリュー投資の3つの視点
  • グレアム指数の基準値
  • かぶ1000流投資スクリーニング法

バリュー投資とは

株式投資の手法は、大きく分けてファンダメンタルズ分析テクニカル分析があります。

かぶ1000さんが得意とするのは、 ファンダメンタルズ分析 、中でもバリュー投資です。

グロース投資とは、将来この株は大きく成長(グロース=growth)するだろうと考えて投資するもので、大化け株などを狙う手法です。

一方バリュー投資とは、その株式の持つ本質的価値が、今現在の株価に比べて割安である場合に、「株価が本質的価値相当額に近づくにつれて利益が出る」と考えて投資する手法です。派手さはないものの着実な方法と考えられています。

なお、著者は年利20%程度の運用利回りを目標としています。30年という長い時間をかけて、元手40万円を4億円に増やした方法ですので、再現性の高い方法だと考えて良いと思います。

アマゾンのページ及び、かぶ1000さんのブログのデータをもとにして、かぶ1000さんの資産推移表を作成したところ、以下の通りになりました。

中学2年生の時に、5歳から貯金していた40万円を元手に株デビューし、中学3年生で300万円、高校1年生で1,000万円、高校2年生で1,500万円、30歳で3,000万円になりました。2011年には億り人となり、2015年に3億円、2019年に4億円を突破しています。

なお、かぶ1000さんが本格的にバリュー投資を始めたのは2001年。2001年当時は、高校2年生の時に1,500万円あった資産が、ITバブル、9.11テロ、アジア通貨危機などの影響で、600万円まで減っていました。株で利益を出す方法を、懸命に模索していました。

かぶ1000さんの運命を変えたのが、ベンジャミン・グレアム著『賢明なる投資家 – 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』です。 ベンジャミン・グレアム 氏は、ウォーレン・バフェット氏の師匠にあたる方です。この本との出会いにより、かぶ1000さんはバリュー投資を確信し、順調に資産を増やせるようになりました。

賢明なる投資家 – 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』 には、リターンはやはり株式が高いということ、そして長期的に投資をするのであればバリュー株が最もパフォーマンス(リターン)が良いということが書かれています。

かぶ1000さんは現在もバリュー投資を実行し続け、かぶ1000さんの資産は増え続けています。 彼のブログ を見ると、どの個別株に何株投資しているのかが分かります。

calculator app on mobile phone
Photo by Olya Kobruseva on Pexels.com

2種類のバリュー投資

企業の本質的価値には、①現在所有している資産と、②稼ぐ力(その事業が今後どれくらい稼げるのか)の2種類あります。人に例えると、資産が多い人が①、年収が高い人が②です。

そのため、一口にバリュー投資といっても次の2種類に分けることが出来ます。

1.資産バリュー投資

資産バリュー投資とは、現在所有する資産がどれくらいあるかを拠り所として、株価が割安かどうかを判断する投資手法です。

現在所有している資産は、今ある確実なものであり、また例え1年業績が悪かったとしても、資産が急激に悪化するということはありません。そのため、安定性の高い投資手法と言えます。

2.収益バリュー投資

収益バリュー投資は、稼ぐ力を拠り所として、株価が割安かどうかを判断する投資手法です。業績の良し悪しで判断するため、コロナ禍等の外的要因、強力なライバルの出現等で毎年変動します。

かぶ1000さんが得意としているのは、資産バリュー投資です。

gray steel chain on orange surface
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

資産バリュー投資の3つの視点

資産バリュー投資をする上では、財務諸表(中でも貸借対照表と損益計算書)を読める必要があります。資産バリュー投資においては特に、「資産」項目が表示される貸借対照表を読めることが大切です。

ここでは3つの視点をご紹介します。

1.現金預金

現金及び預金が、総負債よりも多ければ、不況や外部要因の変化にも強く、資金的にも余裕があると評価できます。

基準① 現金及び預金 > 総負債

2.有価証券

特に上場株に注目します。自社の時価総額以上の株式を持っていれば資産バリュー株の対象です。

例えば、昭栄薬品(3537)の時価総額は35.9億円(3579千株×@1,001円(2021年12月22日時点))なのに対し、 昭栄薬品(3537)が保有している花王の株式時価は42.1億円(69万株(出所:irbank.net)×@6,103円(2021年12月22日時点 )です。

基準② 保有有価証券 > 時価総額

3.賃貸用不動産や土地

特に一等地で簿価が安い不動産に注目です。財務諸表に反映されていない、多額の含み益があると考えられるためです。

貸借対照表に表示される建物等の簿価は、(取得価格 ー 減価償却累計額)です。土地の簿価は取得価格です。不動産は、販売用でない限り時価は反映されません。

そのため特に一等地の不動産は時価が高いので、簿価と大きく乖離している可能性があります。

基準③ 不動産の時価 >> 不動産の簿価 

pexels-photo-1061140.jpeg
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

グレアム指数の基準値

PER × PBR = グレアム指数

PERは1株当たりどれだけ利益が出ているか、PBRは1株当たりどれだけの価値(=純資産)があるのかを示す指標です。

PER、PBR共に割安であることを示すのが最も良く、一般的には、グレアム指数が22.5未満で割安だと判断されます。かぶ1000さんは、この指数の基準値を5.0未満で割安と判断します。結構厳しい基準です。

なお、グレアム指数5.0未満の株は、バフェットコードで日米銘柄をスクリーニングすることが出来ます。

(注:日本株のスクリーニングは無料ですが、米国株スクリーニングは有料です。また、「未満」という条件設定は出来ません。下図では「PER×PBR≦5」としています。)

(出所:バフェットコード
close up photography of bicycle chain
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

かぶ1000流投資スクリーニング法

かぶ1000さんは、投資する株式をスクリーニングする際、以下のような方法を取ります。

  • 四季報を活用する
  • 有価証券報告書(EDINETを活用する)を過去10年以上分読む
  • 決算短信を読む

これらの情報から、投資する銘柄が割安かどうかを判断します。割安かどうか判断する際は、「横の比較」「縦の比較」「市場の比較」を行います。

「横の比較」とは、現時点での比較で、異なる業種間や同じ業種内で PERPBR を比べることです。

「縦の比較」とは、同じ銘柄で過去からさかのぼったその銘柄特有の評価のことです。その会社の歴史上において、今現時点の PERPBR は高いのか安いのかを判断します。

「市場の比較」とは、東証一部、二部、マザーズ、ジャスダックでの指数の評価のことです。日経平均、ジャスダック、マザーズに含まれている銘柄の中で、どこに割安銘柄があるかを探すために評価していきます。他の指数に比べて伸びが悪い指数の中には、割安銘柄が隠れている可能性が高いからです。

その他以下の方法により、数字から分かる情報以外の情報を、収集することが出来ます。

  • 着目した会社の商品・サービスを体験する
  • 企業が保有する土地や建物を見学する
  • グーグルストリートビューで周辺環境をチェックする
  • IR情報を読む
  • 不明点はIR担当者に電話で質問する
  • 株主総会に出る
  • IRフェアに出向く
close up photo of survey spreadsheet
Photo by Lukas on Pexels.com

・・・・・・・・

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『貯金40万円が株式投資で4億円――元手を1000倍に増やしたボクの投資術』 をご参照ください。

☆関連記事

【株の知識⑨】『バフェットの財務諸表を読む力』

【株の知識⑧】今はどのサイクルにあたるか。『相場サイクルの見分け方』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。