『どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話』

Pocket

どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話』には、著者であるDokGenさんが、全財産90万円しかない状態で突如離婚により父子家庭になり、手取り年収400万円で、資産2億円を築くまでのストーリーが書かれています。

DokGenさんは元妻さんの浮気が原因で離婚されたのですが、その元妻さんは、「貴方の稼ぎは家族のもの、私の稼ぎは私のもの」という、まるでジャイアンのような思想を持っていた方だったそうです。DokGenさんはそんな元妻さんに、財産分与をした結果、全財産90万円しか残りませんでした。

そこからどのように資産2億円を築いていったのか、本書を次の4つのポイントでご紹介します。

  • DokGenさんの年表
  • 資産形成の初期は、投資よりも節約をする
  • ほっとけ投資とは
  • サラリーマンになった息子に伝えた「3S+1」

DokGenさんの年表

2022年現在56歳のDokGenさんは、24歳で某食品メーカーに入社してすぐに株式投資を始めました。

28歳で長男が誕生しますが、35歳の時に妻の浮気が発覚し、それが原因で離婚します。妻の浮気相手の素行が良くなかったこともあり、DokGenさんは長男の親権を取ります。

(出所どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話

DokGenさんの資産形成は、①全力で貯金をしていた時期(4年間)、②ハイリスクな取引をしていた時期(2年間)、③ほっとけ投資をしていた時期(41歳以降)の、大きく3つに分けられます。

このうち、③の41歳から54歳までの14年間資産を8,000万円から2億5千万円に増やしました。これは、年利約9%の利回りで運用していることになります。

もし投資元本が8,000万円ではなく1,000万円だったら、14年間年利9%で運用しても、約3,000万円にしかなりません。(それでも大きな金額ではありますが、2億5千万には遠く及びません。)

投資は元本が大切である、つまりどれだけ資産を増やせるかは、元々いくら持っているかにも大きく左右されるということが、ここからも分かると思います。

DokGenさんは、資産形成初期(元本が小さいうち)は徹底的に節約し、ハイリスク投資をしました。ハイリスク投資(特にDokGenさんのように1年で1,000万円を2億3,500万円にするような信用取引)には再現性はありませんが、元本が割と小さいうちにこの戦略を取るというのは、賢い戦略なのではないかと個人的には思います。

資産形成の初期は、投資よりも節約をする

全力で貯金をしていた35歳から38歳まで、DokGenさんの手取り年収は400万円だったとのことですので、額面の年収は500万円を超えていると思います。このうち200万円を貯金されていたということなので、支出額は年間200万円程度だと考えられます。月額にすると16万から17万円程度です。

以下が、DokGenさん流節約のポイントです。

  • 住居は手取りの15%以内(DokGenさんの場合は、家賃8,000円の社宅にずっと住んでいたようです^^)
  • 食費は3万円前後
  • 服は全身ユニクロ

「年収400万円で200万円貯金」とはいえ、額面年収400万円で200万円貯金」ではなく、「手取り年収400万円(額面年収500万円超)、家賃8,000円の社宅に住んでいて200万円貯金」ということで、本書の表紙を見た時に想像していた条件と全然違っていました^^;一方で、「資産形成の初期は、投資よりも節約が大事」という考え方は、私も全く同感です。

set of black opened envelope and cash dollars
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

ほっとけ投資とは

DokGenさんが、最終的にたどり着いたほっとけ投資は、個別株に対する「集中・超長期投資」です。

以下の4つが、DokGen流銘柄の選び方です。

  • 知っている会社:知っている会社に投資するということですが、自分が特に詳しい業界があれば、情報でプロに凌駕している可能性があります。
  • たぶん倒産しない会社:決算書を見て財務の健全性を判断します。
  • 割安な会社:ファンダメンタルズ分析等により、割安であると判断できるものを選びます。
  • 小さな会社:大きく勝つために、時価総額の小さな小型株を選びます。

サラリーマンになった息子に伝えた「3S+1」

色々な苦労があった父親であるDokGenさんが、25歳の息子に伝えたことは以下です。

  1. 借金をしない:DokGenさんは、資産2億円でも社宅に住んでいるようです。
  2. スタディ(勉強)をする:習慣的に学ぶということです。個別株投資でも、勉強することで勝率を上げられると考えています。
  3. 仕事を頑張る(でも時間を売るな):DokGenさんは、仕事で簿記を学び、決算書を読めるようになったそうです。また仕事をしている中で、将来性のある小さな会社を発見できる可能性もあります。
  4. 働く伴侶を娶る:結婚を「3食昼寝付きの永久就職」と考える人とは結婚するべきではないということです。
four orange fruits on white mesh bag
Photo by cottonbro on Pexels.com

・・・・・・・・

DokGenさんのブログは、資産90万から2億円達成。普通のサラリーマンの「ちょっとだけアーリーなリタイア」への独り言 (ameblo.jp)をご参照ください。

本書に興味を持っていただいた方、詳細は 『どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話』をご参照ください。

☆関連記事

『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』

『喜ばれる人になりなさい 母が残してくれた、たった1つの大切なこと』

相場が荒れている時にこそ王道を意識する。『ジェイソン流お金の増やし方』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。