バシャールの回答。これから地球はどうなっていくのか。

Pocket

2022年3月5日(土)に行われたバシャールのイベントで語られた内容の中に、今世界で起きているロシアのウクライナ侵攻等について、スピリチュアルな視点での回答がありましたので、ご紹介致します。

バシャールとは、地球から約500光年離れたオリオン座近くの惑星、エササニ星に住んでいる、個人ではなく複数の意識が合わさったような存在です。「バシャール」はアラビア語で指揮官、存在、メッセンジャーといった意味を持ちます。

  • なぜ今戦争が起きてしまったのか
  • 私たちがここから学ぶべきこと
  • これから地球はどうなっていくのか
  • ネガティブな地球とは
  • 大切な人がネガティブを選んだらどうなるのか
  • ポジティブな地球とは
  • ポジティブとネガティブの定義
  • 地球は一つのシステム

なぜ今戦争が起きてしまったのか

その理由を端的に言うと、権力者が「恐れ」をベースに物事を決断しているからなのだそうです。恐れ、そして自分は弱いという思いを隠したいために、他の人・国を攻撃するという手段に出てしまっています。

人を攻撃し、権力を誇示することにより、自分の弱さ、恐れ、無力感を覆い隠そうとしています。自分の内側を直視すると、弱さを認めざるを得ないから、自分の中にある弱さ、恐れに向き合わずに、外に向かって威嚇している状態なのです。

そして、恐れの信念が権力者の方々の心のベースになっているので、恐れをベースにした決断をした結果、今戦争という形で世の中に出てきてしまっています。

photo of galaxy
Photo by Pixabay on Pexels.com

私たちがここから学ぶべきこと

今この地球では、プラスとマイナスの対比が強くなり、分離が強くなっています。今地球がそのような状態なので、恐れ(マイナス)に根差しているものも、強く現れるようになっています。

これは、私たちがどんなバージョンの地球を選ぶのかという選択に迫られているからです。ポジティブなバージョンの地球を選ぶのか、ネガティブなバージョンの地球を選ぶのか。今回の出来事を通して、私たちが自分の心に真剣に向き合って、意識的にこれを選択していく必要があります。

また、そもそも恐れの観念、ネタティブな信念を持っている人を、権力のある立場に選ぶことをやめなければいけません。そういう人をリーダーに選ばない、権力を与えてはいけないということです。

さらに、今のように権力がある人に盲目的に従って、その通りに行動するという考え方から離れることが大事です。自分のモラル、道徳に反するような命令を上から受けた時には、それに従わなくてもいいように、組織全体のシステムを変えていく必要があります。そうしないと、平和はやってきません。そのようなシステムにしていくためにも、上に立つ人を恐れやネガティブの信念が強い人を選ばないということが重要になってきます。

これから地球はどうなっていくのか

地球にはいくつものバージョンがあり、どのバージョンの地球に行くのかは、私たち個々人の周波数次第だから、「これから地球はどうなっていくのか」という未来予測は出来ません。

私たちがよりポジティブなことを信じていてポジティブな行動を取れば、ポジティブな地球に移動していくことになりますし、逆に恐れが強くてネガティブな信念を持っている人は、それなりのネガティブな地球というところに行ってしまうことになります。

パラレルワールドという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

パラレルワールド=平行地球(世界)であり、並行して無数の地球(世界)が存在しているということです。その無数に存在する地球の中から、自分をどの地球に連れていくのかは、私たちが持つ周波数、波動、気持ちによって決まっていきます。そのため、自分の持つ周波数、自分の気持ちがポジティブに向いているのか、ネガティブに向いているかということを注視していく必要があります。

例えば、自分がポジティブな信念をもってポジティブな行動をして、ポジティブな地球にいるとします。そうすると、何年も経った後には、ネガティブなことを信じて、ネガティブな地球にいった人たちとは交流することが出来なくなるそうです。

これから地球がどうなるのかは、私たち個人個人が持つ波動で、一人ひとり未来が変わってくるということなのです。自分の波動、自分の気持ちが、まるでナビゲーターのようにどのバージョンの地球に行くのかを勝手に選択してしまいます。そしてそれが長く続くことによって、完全にポジティブバージョンの地球に行くのか、ネガティブバージョンの地球に行くのかが分断され、関わることが出来なくなってしまうレベルまで行ってしまうということなのです。

planet earth
Photo by Pixabay on Pexels.com

ネガティブな地球とは

ネガティブな地球とは、バシャール達が「古代オリオンの文明」と呼んでいるもので、その特徴は、独裁社会であり、権力で押さえつけるような政治を行っている世界なのだそうです。非常に苦しみを大きく味わう世界です。

大切な人がネガティブを選んだらどうなるのか

もし家族や大切な人がネガティブな地球を選んでしまったら、自分とは違う地球を選んでしまったら、その人たちとの分断は避けられません。

選択が違えば必ず、いつか離れていって、何らかの理由で会えなくなってしまいます。

例えば結婚している相手であれば、離婚したり、友人でも縁が切れて離れたり、または死別してしまったりします。

ポジティブな地球を選んだ人は、ネガティブな世界がもはや見えなくなってしまいます。知覚することすら出来なくなるのだそうです。そして、ネガティブな世界を選んだ人もまた、ポジティブな世界が見えなくなります。

分断は、今すぐに起こるのではなく、数年お互いが違う選択をし続けたら、いずれ分断することは避けられないということなのだそうです。だからもし、今貴方の近くにいる大切な人が、例えばネガティブなことばかり言っていたのなら、貴方がポジティブな選択を見せてあげることが大事です。もちろん自分自身も、常に自分の心をモニタリングする必要があります。

ポジティブな地球とは

どんな高次元にもネガティブというものは存在しています。バシャールが住む世界、エササニ星は、とても高度で平和な文明を築いているところなのですが、そこにもネガティブは存在しています。

ただ、バシャール達はネガティブは存在していることは知っているけれども、わざわざそれを選択することはしません。彼らは何かを学ぶために、ネガティブを体験する必要がないことを分かっているので、ネガティブは選ばず、いつもポジティブを選ぶのだそうです。

ポジティブとネガティブの定義

ポジティブやネガティブとは価値観ではなく、在り方、状態を表します

ポジティブな状態とは、見えない世界との強いつながりを感じていたり、拡大傾向にある広い視野を持って世の中を見ることが出来たり、たくさんの気づきがある状態です。つまり、より本来の自分に近い状態が、ポジティブな状態です。

ネガティブな状態とは、幻想を見ている状態です。つながりが感じられず、分離・分断されている感覚がし、気づきが非常に得にくくて、多くの制限がかかった状態です。

本来の私たちは非常に霊的で、永遠無限の存在なのですが、三次元を体験するために、このネガティブを利用しています。霊的な、魂の状態では経験できなかったことを、わざわざすべての記憶を消して、制限をかけて、肉体をもって地球に学びに来ているのです。

地球は一つのシステム

地球は一つのシステムになっているので、他人を攻撃したら、それは自分を攻撃しているのと同じだし、他人を傷つけたら、それは自分を傷つけているのと同じです。精神的にも、肉体的にも。

他人に対してするネガティブなことは、全て自分にやっているのと同じなので、そのことは絶対に忘れないようにしましょう。

moon and stars
Photo by Min An on Pexels.com

・・・・・・・・

バシャールやスピリチュアルにアレルギーのある方、まずは東大医学部教授が語るスピリチュアル。『人は死なない』を読んでみてください。

☆関連記事

このままでは世界は大混乱へと向かう。『2030年ジャック・アタリの未来予測』

ワクワクで全てがうまくいく。『バシャールゴールド』

本当の成功とは。常にワクワクを選ぶ。『未来は、えらべる!』

にほんブログ村

投資信託ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。